旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> (06年4月~7月)待つ > 600万円の契約  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

600万円の契約

2006 - 07/10 [Mon] - 22:27

夜7時、ABC営業マンさんとともに信金のキャッシュコーナーから中に入れてもらう。
こんな時間に、銀行に来るのはもうないだろうと思っていたが・・・・・。
また来てしまった。
みんな残業しているのね。
でも、女性の姿は見あたらない。


新しい次長さんと支店長代理さん2人に名刺をもらう。
連帯保証人の件を確認した。
何年後とは確約できないが、長男が一応イッチョ前の収入を得られるようになったら
連帯保証人の交代はできる。その判断は、卒業して3年後の年となる。
ま、2年目のしっかりした?給与所得証明が出るが3年目となるわけだ。
兄にも2人で挨拶に行って、このあたりの説明をしてくれるそうだ。

ヨシ!決断。
実印を押す。
妻も電話してきてもらう、連帯保証人の1人である。
とりあえず、600万円の借入契約である。
公庫の資金交付前に契約金等の資金に必要なのである。
来年、マンション登記したとき?に1700万円借入の契約し、この1700万円から600万円を全額返済。それまでの金利分の支払い額も返済してくれる。それで、賃貸経営が始まった時点で1700万円の30年ローンが始まるというわけだ。
なんだか、ややこしい。

ところで・・・・金利が何%か聞いてくるのを忘れてた!
とりあえず600万円に付く金利となる。
3月に話しをした時点では、2.8%であったのだが・・・・・・
明日、電話してみようかな。

今度の金曜日に、兄の印がもらえているはずなので、また銀行に行く予定。
その時は、担保となる土地と住居の権利書を持っていくのである。

ぁぁ、疲れた。
寝よう。
関連記事

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。