FC2ブログ

          旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > 賃貸はるかなる道 > 空室対策、あの手、この手  

空室対策、あの手、この手

2008 - 07/27 [Sun] - 09:08

ハーモニー2008-07-26 先日『HARMONY』という季刊誌が住宅改良開発公社から送られてきました。裏表紙には「ハーモニー 2008年 夏 通達53号」と、なんともお硬い文字が並んでいる。

 でも、この季刊誌はなかなか面白く読める。大家さんが知りたいことがけっこう的確に載っていると思う。今回のトップ記事は「空室対策、あの手、この手」と題して、空室対策の基本的考え方から具体的なことまで5ページにわたってかかれている。

 なんだか、今ちょうど空室が一室あるので「goodタイミング」!?な感じですね。現状あまり関係ないかもしれないけど・・・・、ま、大切なことだ。

◆見た目重視の入居者、外観を美しく保つことが大切
 最近の入居者は、まずは外観からという傾向が顕著らしい。まずはインターネット検索で見た写真の外観が気に入ることが大事。そして、実際見て汚かったり、古臭かったりすると、部屋を見ようとしないこともあるそうです。

 対策としては「外観のクリーニング、塗り替え、リフォーム、広告写真のアングル再検討」・・・・略(疲れた)

 また、オーナーの中には、管理の手間から植栽を止めたい方もあるでしょう。でもそれは逆効果です。緑が豊かで、手入れの行き届いている物件ほど、入居者は魅力を感じます。植栽を充実させるときは、成長したときの樹木の高さ、花の咲く木なら、なるべく開花時期が重ならないことなどを考慮しましょう。それから、樹木がベランダなどを隠して死角を作ると、防犯上のマイナスですので注意してください。


2005-10-07金木犀 まるで、自分が求める理想のマンションのようなことを書いてあるではないですか。考えてみれば、賃貸経営をはじめるか悩んでいたころから(2005年10月7日の日記)植栽には長い間こだわってきた。

 こんなにはっきり断言して書いてある記事は、初めて見たような気がする。(写真は、上記リンク記事に載せたときの金木犀)

後はこのような記事が続く

◆マイナスポイントを解消していく
◆インテリアイメージや間取りの変更
◆募集条件、広告塔の工夫
◆郊外物件、単身者向け物件での対策
◆ペット可・高齢者対応での注意点


ハーモニー3-2008-07-26 最後に
◆オーナーの役割、勉強に仕方
とあって、常時心がけることは、
 ・最新の設備やインテリアの傾向を知っておくこと(管理会社との相談時に良い)
  賃貸設備は分譲マンション設備の後追い傾向がある
 ・物件の清掃等を徹底すること
 ・仲介を依頼している以上、オーナーは裏方に徹する
 ・空室対策はケースバイケース
 ・一日も速く入居者を決めたいのはオーナーも管理会社も同じです

 そして最後に、『花のつく植栽のいろいろ(高さ、樹木名と開花時期 )』なる、いろいろな花木の書いてイある表が載っていた。今回の特集記事は、嬉しかったね
関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/926-79b9e130

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索