旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 読んだ本(賃貸・お金・他) > 荷が重すぎる読書  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷が重すぎる読書

2008 - 06/06 [Fri] - 20:20

人は(自分も)いずれ死ぬから読んでみようと思った。



死の壁 (新潮新書)
死の壁 (新潮新書)
(2004/04/16)
養老 孟司

商品詳細を見る


自死という生き方―覚悟して逝った哲学者自死という生き方―覚悟して逝った哲学者
(2008/01)
須原 一秀

商品詳細を見る


銀齢の果て銀齢の果て
(2006/01/20)
筒井 康隆

商品詳細を見る


 「死の壁」は、全部読んだ。
 「自死という生き方」は、半分ぐらい読んでいる。
 「銀齢の果て」は、10ページほど読んで見た。

 この本3冊を読み始めて(約半月)、周りで人が死んだ。
 3人も。
 3人目は、自殺だった。(けっこう、ショック)

引き寄せの法則引き寄せの法則(2007/11/21)マイケル・J・ロオジエ

商品詳細を見る

 偶然だと思うけど、この本を(1月5日の日記)想い出した。

 この手の本(死について)は、暫く読むのはやめようと思う。
 心がけっこう重くなるし、偏頭痛もするし、結石の兆候も現れたし・・・
 (妻は「捨てなさい」と言った)

 この手の読書は、自分にはチョとまだ早い、荷が重すぎる。
 明日から、成功本や自己啓発本をガンガン読もうと思う。



この本を読んでおいて良かったなぁ・・・・。

打たれ強くなるための読書術 (ちくま新書 705)打たれ強くなるための読書術 (ちくま新書 705)
(2008/02)
東郷 雄二

商品詳細を見る
関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/884-d68f0965

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。