旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> (05年8月)土地を売るしかない > 初めての不動産屋  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての不動産屋

2005 - 08/27 [Sat] - 08:00

過去の記録-2005年8月-5 (2006年4月9日記す)

8月の最終土曜日に不動産屋に行った。
いろは不動産いろは支店である。
家からも近いし、HPも結構充実しているし、昔からの不動産屋みたいなイメージはないし。
とりあえずここに行ってみようと思った。
結石治療中であるが、普通に生活はできる。少し、まだ違和感があるのだが・・・・・・・。
早いとこ、大学資金の目当てを付けておかなければならない。
9月になってしまうのだ。

午後2時頃、扉を開ける・・・・なんだかドキドキする。
店内にはいると、カウンターに数個の椅子が並んでいて、その横には接客用の机と椅子があった。
パッと見、明るい雰囲気・・・・・・へぇ~。
エアコンが効いていて、涼しい。
「いらっしゃいませ。」
40才に近いだろうか、営業マン風の男性が挨拶をしてくれた。
他には従業員もお客さんもいない。
「ぁの~、土地を売りたいんですが・・・・・。」
「はい、土地を・・・・ま、どうぞおかけください。」
クルクル回る椅子に座る。
「じつはですね、この土地を売りたいのですがどのくらいの価格で売れるのか見てもらえますか。」
といいながら、農家台帳と地図を出す。
「はい、ぁあ~、中学校の上あたりですね。」
「そうです、この西の中学校から500メートルぐらいの田んぼです。」
「はい、はい、ここはですね、皆さんほしがっているところなんですよ。」
「ぇ、そうなんですか。」
なにやら嬉しい展開になってきた。
「少々お待ちください。」
といって、奥の部屋に行ってお茶を持ってきてくれた。
「よろしくお願いします。」
と、名刺をくれる。
「このあたりはいい値段で売れると思いますよ、ちょうど道沿いですし。」
「そうですか。」
「申し訳ないですが、今日は支店長がお休みでして詳しいことは・・・・明日でもよろしいですか?」
「あ、いいです、いいです。」
この男性が支店長ではなかったのか・・・・支店長ってどんな人なのだろう。
とりあえず、住所、氏名、電話番号を書いた。
「明日来れば、だいたい坪いくら見たいな感じにわかりますか?」
「はい、大丈夫です。」
「わかりました、明日の午後に来ますのでお願いします。」

こうして、初めての不動産屋訪問体験は終わった。
ちょび髭、金縁メガネ、ロレックス腕時計みたいなイメージは、まったくなかった。
わりと安心する。
それに、けっこう人気がある土地のようだ、思っているより少しは高く売れるかもしれない。
いいぞいいぞ。

そして、次の日・・・・・・「人生が変わる日」といっても良いかもしれない。
支店長に会うのである。

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/8-06effd22

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。