旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> (05年10月)ほんとのため息 > 久々に聞く「愛情」という言葉  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に聞く「愛情」という言葉

2005 - 10/11 [Tue] - 19:00

---- 2006年 10月30日 記す ----

たぶん、自分が悩んで苦しんでいるのが小学校6年生の三男坊には分かるんだと思う。当時の日記(別のブログ)に、こんなことを書き残してある。


◆ 久々に聞く「愛情」という言葉・・・・・・・・

三男が、お母さんと一緒に部屋に入ってきた。
恥ずかしそうに、むずむずしている。
自分では、言いにくくて言えないらしい。
何か、おねだりだろうか・・・パソコンが欲しいとか?

母:「昨日の夜、考えたんだって。」
父:「何を考えたんだい。」
母:「お父さんは、いろいろ考えている。」
父:「ふむふむ。」
三: お母さんの後ろでモゾモゾ・・・
母:「お父さんは、家の大黒柱なんだって。」
父:「なるほど。」
母:「他のみんなも、柱なんだって。」
父:「ふむふむ、なるほど。」
母:「だから・・・・」
父:「だから?」
母:「だからね、一つでも欠けてはいけないんだって。」
父:「・・・な~るほど。」
母:「そしてね・・・・。」
父:「そして?」
母:「その家の中にあるものはね。」
父:「・・・あるものは?」
三: モゾモゾ・・・モゾモゾ・・・・
母:「愛情、なんだって。」
父:「ぉお~、愛情・・・・・。」 ・・・(T^T)

 このところ、長男の大学進学資金繰りでいろいろ考えていたせいであろうか。先週、我が家はこんな感じの家計状態で、先行きこんなふうに考えている。と、いうようなことを「家族全員集合なり!」の号令とともに1時間ほど話しをした。何も心配はないと・・・・。

 「愛情」という言葉を、現実の世界で久々に聞いたような気がする。人を信用することは、今の世では難しい。が、人を素直に信用できる自分でありたいものだ。

 そんな、自分はこの家族の中にいると確信したい。
父:「ありがとう。」素直に言ってみる。
三:「ぅん。」モゾモゾモゾモゾ

さぁ、寝よう。
疲れを取って、明日も家族のため、そして自分のために、頑張るのだ!

☆彡 我が家族 ☆ミ

我が家族の運命はどうなるのだろうか。
思いっきり、自分の背中に背負っているような気がしていた。

いよいよ、ほへと建設副社長に会う日がやってくるのである。
でもね、少しワクワクしていたんだよね。
自分が優位に立っているせいなのかもしれない。
でもね、社長さんと呼ばれる人と会うのは好きなんだよね。
関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/233-802c580e

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。