旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 読んだ本(賃貸・お金・他) > さらに4冊購入せり  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに4冊購入せり

2006 - 10/16 [Mon] - 21:00

昨日の晩、1冊読み終えた。

お金のIQ お金のEQお金のIQ お金のEQ
本田 健 (2006/09/16)
サンマーク出版
この商品の詳細を見る


 ロバート・キヨサキ氏のキャッシュフロー・クワドラントの影響大である。クワドラントの日本版みたいな感じがする。翻訳本ではないからか、クワドラントより、凄く読みやすくて分かりやすかったよ。2人の男女が先生に教えを・・・・て、いう設定も親近感があって良かったね。

 クワドラントと似ているといっても、ちょと違う気がするね。お金を稼ぐ技術を勉強するよりも前に、考えるべきことを教えてくれる。お金よりはまず、豊かな人生を歩むことが大切みたいな・・・・。

 最後に、「私が今後やりたいこと-----人がお金を忘れて、自分の好きなことをやって生きる世界を作ること-----」 まずは、「お金と幸せに関する知恵」を分かち合うことをやっていこうと考えています。具体的には、このような本を書いたり、講演をやったり、セミナー、通信コースなどで知っていることのすべてを分かち合うつもりです。」と書いてある。

 この本田 健さんという著者、HPを立ち上げている。なかなか、内容が濃いHPで、上記のことを実践中のようだ。メールマガジンも発行している。

 でもね、こういう人生論みたいなことは「宗教的」になってしまう感じがする。うまく言えないけど、なんか、教祖様みたいで、周りにいる人間は熱狂的な信者みたいな・・・・。注意が必要だよね。一歩下がって、心理学的に?冷静にみていないと、おもわずセミナーのDVDを買ってしまいそう・・・。

 で、でもね、もう少し本田氏の書いた本を読んでみたいと思って・・・・。社内にあるATMでヘソクリから3千円を引き出しました。帰宅時に書店によって4冊購入せり。

・「ライフワーク」で豊かに生きる / 本田 健
 本田氏は「自分の大好きなこと」を仕事にする、と言っている。幸せな小金持ち的「天職」の見つけ方が書いてあるらしい。

幸せな小金持ちへの8つのステップ / 本田 健
 お金のIQお金のEQの前作らしいので、読んでみよう。

ユダヤ人大富豪の教え / 本田 健
 世界の経済の中心には、常にユダヤ人がいるという。その、紀元前?から伝えられてきているユダヤのお金に対する考え方が分かるらしい。古本コーナーで700円だっんで、買ってみました。

お金がたまる人 たまらない人―なぜあの人はお金がたまるのか / 丸田 潔
 書店でふと目にとまった。「アリとキリギリス」---お金が貯まるのはキリギリスという帯に書いてあった文字にひかれて買った。なぜか?想像はつくが・・・・果たして。

さて、秋の夜長だ、夜な夜な読書しよう。
さらに、お金の知識を吸収するのだ・・・・。
関連記事

どうも

ありがとう。
今回のが一段落したら、お願いに上がります。
よろしくです。e-122

これはすごい

いやはや。。。

私は未読を含めて

「バ○の壁」
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」
「99.9%は仮説」
「最後の円高」
「時間の教科書」
「サラリーマンは2度破産する」
とかありますんで興味があったら言ってくださいな

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/215-ff4e5f31

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。