旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 登場人物・会社等 > このブログに登場する人物、会社、不動産など  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログに登場する人物、会社、不動産など

2005 - 07/30 [Sat] - 14:45

登場人物・会社・不動産(仮名)の紹介

このブログを書いているうちに、いろいろと名前を決めておかないと文章が書きにくい。
このブログに書く主な人物、会社、不動産をここに記しておこう。(2006年3月)

 ■ はるかな(nori)
 自分のことである。歳は今年(2006年)50になる。子供は男ばかりの3人。長男は今年から大学生、二男は高校2年になる。三男は、中学へ進学する。あと、5才年下の妻がいる、5人家族である。自分はサラリーマン技術系とでも記しておこう。妻はフルのパートで扶養家族の域を微妙に超えている収入、内職をこなし、たまに土日には福祉関係の仕事に行っている。家計は苦しい、貯金はゼロ。ローンは車2台分のみで、他には何もない。

 長男は、工業高校の情報技術科に行っている。が、突然、大学に行きたいと言い出した。それも、経営学科!?「電気はもう十分だ、俺は道を誤った」とか、わけがわらんが・・・・4年分約500万円の奨学金を背負ってでも行きたいという。 

 大学を甘く見ていた自分・・・・「ぇ?こんなにお金がかかるの!!」 田んぼを売るしかないだろう。始めていった不動産屋さんから自分の運命(生き方)は、一変していくのである。

■ 兄

  訳あって家は弟である自分が継いだ。兄とは10才違う。すぐ近くに住んでいる。3人子持ちで、一番下が今年大学3年生である。上2人は成人し結婚している。会社の役員をしているので定年はないが、63でやめると言っている。

 ■ いろは不動産いろは支店
 大手アパートマンションFCの加盟店の不動産屋さんで、あちこちにの道路沿いに看板がある。地元では結構目立つ。ほへと建設の子会社であり、ほへとマンションの管理業務も行っている。

  • いろは支店長:女性の支店長である。歳は40代、愛想は抜群によい。話もうまい、自分が思っていた「不動産屋」というもののイメージをガラリと変えてくれた。

 ■ ほへと建設
  地元の建設会社では大手で上場もしている。建築業だけではなく、機械エンジニア事業や観光事業も手がける。少々異端児の感があり、我が道を行くといった企業。なので、バブル崩壊後の不動産建設不況も関係ないとか・・・。会社内部の縦社会は厳しいようである。賃貸マンションは高級感が漂う、本社ビルも都会的なオフィイスビルといった感じである。
  • ほへと副社長:二代目で40代、自分の会社のマンションに住んでいる。
  • ほへと支店長:自分が住んでいる町にある支店の支店長、少々強面の顔。微笑むと優しいお父さんという感じである。もう定年に近い。
  • ほへと営業マン:体育会系の若い営業マン、スーツをビシッと決めて礼儀正しい。なかなか好感が持てる。
  • ほへと経理マン:賃貸経営収支の事ならこの人の右に出る人はいないという・・・この建設会社一番の経理営業マンのようである。
 ■ ABC建設 (実在するようですが・・・実在の建築やさんと関係ありません。)
  40代の二代目社長に変わってから会社名も変えて、大幅な路線変更。ほへと建設と同じRC賃貸マンションを手がける。他に、木を主眼においた住宅事業を手がけている。社員は若い、女性の現場監督もいる、何となくアットホーム的な感じがする建設会社。
  • ABC社長:ABC不動産の社長でもある。これからの建設会社が生き残るために進むべき道は不動産とは切り離せない・・新しい分野への道を切り開いている。といった感じ。  
  • 大阪さん(仮名)ABC営業マン:若い営業マンで、体育会系ではない。しっかり勉強していて知識は豊富そうである。ルックスも良い。  
  • 宮上さん(仮名)ABC上司1:ABC営業マンの上司である。40代である(未確認)、入社3年目のABC営業マンの補足役という感じ、柔らかい物腰で的確な返事が返ってくる 
  • 町澤さん(仮名)ABC上司2:この建設会社は女性が多く、しかも一戦で活躍している。その中で、ひときわ光を放つABC営業マン(大阪さん)の上司(部署は違うのかな?)のようなものである。知的な話し方であり、人の性格を的確に掴みながら話しをする感じ、自分の心の奥の奥底まで読まれてしまう感じがする。容姿は金メダルといったところ、お年頃で未婚であるが・・・・自分では「ビビビ」っと来るものがあった。いずれ過去の記録に記すが、若いABC営業マンが絡んでくるのである。
  • 谷崎さん(仮名)ABC設計:ABC建設マンション事業部の一級建築士である。年は30代!?笑顔が良く、人当たりも良い。ほんと、人柄も頭も良さそうな感じ。
  • 下田さん(仮名)作業所長:うちのマンションの現場監督となってくれる社員。笑顔が良いです、いつも一生懸命という感じなので、安心感がある。学生結婚で、お父さんになっている。
  • 谷澤さん(仮名)工事課マネージャー:自分が初めてあった現場監督さん、くどくて嫌な質問にも一生懸命答えてくれた。もちろん若い。
  • 春田さん(仮名)M営業所所長:初めてあったのは、M営業所ができる前の頃。自分がまだマンション賃貸経営に迷っていた頃だった。当時一度しか合わなかったけれど、春田さんの話でこの事業をすることに一歩前進したと思う。忘れられない方である。

■ ABC不動産
  昔から営業している地元の不動産屋さんでこの筋では有名らしい。この社長がこれからの賃貸管理等でABC建設の社長と息統合したようで、ABC不動産と名前も一新し、現在では会長職をしている。独自で作った賃貸管理業務体型を元に他県へもFC展開も進めている。

 ■ EFG建設
  古くからあるアパート専門の建設会社。主に木造、鉄筋のアパートを造っている。現在は、横文字のアパート管理会社も作り管理業務にも力を入れているようだ。一括借り上げ制度が自慢?の営業方針とも思える。
  • EFG建設営業マン:知人から噂を聞いて「当社も、ぜひお仲間に入れてほしい」と訪問してきた、40代後半のベテラン営業マンのようである。なにやら必死で、一生懸命で、性格的にも好感が持てるのだが・・・。

 ■ S信用金庫
 賃貸マンション計画のうち、1700万円を借りるところである。信用金庫だけあって、銀行とは違い話しが通りしやすい。が、しょせんサラリーマンや金貸し業というところをかいま見せる。

 ■ 同僚1、同僚2
 勤務先での、さまざま事の話し相手である。

はじめにトップページへ
土地を売るしかない(2005年8月)冷静になってください(2005年9月)
ほんとのため息(2005年10月)神よ我に何を望む(2005年11月)
連帯保証人(2005年12月)なんだか(2006年1月)
苦悩から生まれたもの(2006年2月)本契約(2006年3月)
待つ(2006年4月~7月)地鎮祭(2006年8月)
着工式(2006年9月)1F土間打設(2006年10月)
あと2ヶ月(2006年11月)年末の追い込み(2006年12月)
賃貸はるかなる道在宅勤務への道・FX読んだ本
経済・政治・国際火災保険・地震保険賃貸見て歩き

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/2-60e5afdd

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。