旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 賃貸はるかなる道 > 銀行へ保証人の件で  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行へ保証人の件で

2011 - 02/16 [Wed] - 11:33

 銀行へ保証人の件で、14日午後1時に行ってきた。

 連帯保証人の変更手続である。現在、連帯保証人は妻と兄になっているが、この融資の際に長男が社会人になる4年後に、兄を保証人から外し長男を代わりに保証人とする条件で契約を交わした。

 早いもので、長男は昨年大學を卒業し就職し1年がたった。そんなわけで、保証人変更の手続きを開始したというわけである。これが、この事業のひとつの山である。つまり、兄といえども他人であると思っている。ので、万が一の場合は家族のことだけに納めたい。

0 (7) とりあえず、妻と長男の源泉徴収票のコピーを提出した。担当者は名刺を見ると係長と書かれていて、そうだねぇ、30代後半という感じにみえ、わりと快活で話をどんどん振ってくるし、自分(係長さん)の身の上のことも結構話してくれる。

 長男と面接をしないとならないらしいが、長男は横浜に住んでいるので結構大変なことだ。でも、土日や祭日でも大丈夫だという。へぇ~、こういう所が地銀の良いところなのかな。と、ふと思う。

 とにかく、話を進めて2月中に何らかの返事をくれるそうだ。「良い返事をお待ちしております」と言って、30分ほどで銀行を後にした。

0 (6) さて、どうなるか。基本的に銀行はあまり信用していない。すんなり行くように思えない。各々の担当者、つまり現場の人間と、お偉いさん、まぁ、管理職たちにとても隔たりがあるような気がする。これは融資の契約の際に感じたことだ。

 ま、簡単にいうと「うまくしないと騙される、所詮、金貸し屋」ということだ。でも、疑念ばかりいだいていては駄目でしょう。最後は結局南極北極つまるところ「人」だと思っている。

 行動すれば次の現実 此れをいつも思い一歩踏み出している。

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/1463-8c3f3602

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。