旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 随想 > 一枚の五千円札  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一枚の五千円札

2010 - 04/25 [Sun] - 07:40

一枚の五千円札 これは居間のこたつの上におかれた一枚の五千円札を激写したものだ。我が夫婦にとっては、ただの五千円札じゃあない。

 妻の携帯が鳴った。
 「なに、5千円があるの」
 「そういうことなら、お父さんに言えばいいんじゃないの」
 「ぁ~、そぅお」

 耳に入ってくる会話は、なにやら次男からの電話のようである。そして、二階に上がっていき何かを探しているようだ。長男も次男も部屋は大学に行ってもそのままの状態になっている。いずれ帰ってくるかもしれない。
 「じゃぁね」

 妻は携帯を切って、一枚の五千円札を台の上においた。
 「ぁ?なに、どうもありがとうございます」
 「じゃなくて!」
 「やっぱ、そうだわな。なんなの?」
 「4月は奨学金の振込が遅れるのよ」
 「へぇ、そうだったけか」
 「それでね、苦しいらしいの」
 「ふむふむ」
 「自分の部屋にヘソクリがあるからっていうのよ」
 「ぉ~、だったらお金送るのに、ぁ、それで、お父さんに云々か・・・」
 「そぅ、そう、言ったんだけど、まぁいいじゃないか~、とかいつものように言うのよ」
 「ふ、あいつらしいけどな」
 「それなりに、気を使っているんだわ・・・」
 「まぁ、プラス2000円しときなよ」
 激写!
 翌日、妻は3000円追加して通帳に振り込んだ。

2010年春大学授業料振込み

 先日、前期授業料61万円なりを銀行にて振り込む。

 安心して勉学に励んでくれ。

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/1333-4bba2860

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。