旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 読んだ本(賃貸・お金・他) > 2010年2月の読んだ本  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月の読んだ本

2010 - 03/01 [Mon] - 09:52

2010年2月の読書メーター
2010年2月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2698ページ

 この月は、なんといっても「芥川龍之介」にはまった。彼が、なぜ、死を選んだのか知りたかった。どうも、小説家、芸術家を極めることが神になれる一番の近道だったらしい。

 でも、人間に生まれた以上それは無理(あたりまえ!?)・・・・はっきりいってよく分からない、通勤途中などでいろいろ考え、迷走気味。芥川龍之介に引き寄せられ吸い取られてしまうような気分となっている自分にはたと気が付く。

――――― 以下読書メーター自分の感想文より ―――――――
■蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)
小学校のとき読んだ「蜘蛛の糸」何時だか読んで父母を大切にしようと思った「杜子春」。他の短編は初めて読んだ。どれもこれも、読み安く、面白い、そして、感慨深い・・・・、芥川さんは逝ってしまうのですよね。小説家だけでなく芸術家でもあったとか。全てをやり尽くした?全てに絶望した?その理由を少し知りたくなった、自分ながらに探してみようと思うのです。読書しながら芥川龍之介さんの生きた奇跡をたどってみようか・・・。次は『羅生門・鼻』
読了日:02月03日 著者:芥川 龍之介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4789851

■フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
この感想文の下書きは無料のGoogleドキュメントで書いているし、簡単な入出金収支表もエクセルの代わりにしている。勤務先でしか高価なソフトは使わないようになり、フリーへの価値観が変わりつつある。本書ではこれからは海賊版や著作権保護の規制は横において違う価値観を求るべきだ。とな?これに違和感を持つ自分は考え方を変えなけれればならぬのか。かつて「ロングテール」を教えてくれた著者は有料と無料の新しい考え方のヒントをくれた。
読了日:02月07日 著者:クリス・アンダーソン
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4847656

■羅生門・鼻 (新潮文庫)
「羅生門」今も昔もよくある話。「鼻」子供の頃、肥満児の自分には助けになる話だったが・・・、話だけだった。今ではアデランスがふと頭に浮かぶ。「芋粥」ぁ~これも学校で読んだ、にもかかわらず、その後も何度も実体験している。そして「運」「袈裟と盛遠」と読み進んだが・・・・難しい文章とか、(技巧的なものは置いといての感想。)夏目漱石とは違う、違います、なんともいえない違和感。簡単にいえば面白くない。・・・すみません。芥川さん、貴方は本当に人間嫌いだったのではないでしょうか?次は『地獄変・偸盗』です。
読了日:02月08日 著者:芥川 龍之介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4856101

■地獄変・偸盗 (新潮文庫)
一気に読んでしまいました。黒澤明監督の『羅生門』を見たのを思い出しました。白黒画像の羅生門、大雨の中に登場する志村喬、千秋実、「藪の中」の盗賊を熱演していた三船敏郎や京マチ子を思い浮かべながら読みました。「偸盗」の赤ちゃんも出てきたような記憶。ぁ、これでは映画の感想ではありませんか。「地獄変」は素晴らしい文章の書き方なんでしょうけど・・・・、どうにもこうにもおゾマしい気持ちで一杯になっただけです。平気で道端に死骸があったり人殺し日常茶飯事という時代の人間の醜い気持ちは、今の世でもちっとも変わらないと云うこ
読了日:02月09日 著者:芥川 龍之介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4886716

■戯作三昧・一塊の土 (新潮文庫)
「一塊の土」に震える。自分にいい聞かせ、我慢して、辛抱して、苦労して、歯を食いしばり、頑張り、時には癇癪起こし、良くも悪くも刹那に時は刻み、過ぎ、生きる。そうして、やがては安堵する日が来る。でも、あの辛く苦しい日々の訪れる前と同じ心持・・・・のような不安、それはいつの世にもある。芥川は短編の中に、大正の世でも平成の世になっても、何十年何百年変わらぬ人間の本質をそっと入れ込んだという。今を生きる我が心中をえぐるように入り込んでくる。これが芥川文学か!次は『河童・或阿呆の一生』
読了日:02月15日 著者:芥川 龍之介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4968040

■河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)
印象に残ったのは「玄鶴山房」子供の喧嘩、大人たちの道化、人の苦痛への享楽、見事に表現されている!?しかし、読んでいると暗くなる一方だ。「河童」人間社会と対比する河童社会・・・ぅ~ん。「或阿呆の一生」「歯車」頭がおかしくなる自分を自覚する芥川さん!?今の世なら精神内科に行ってカウンセリングなんて方法もあったでしょうに・・・。膨大な知識を持ちすぎて「或阿呆」になってし・・・芥川さん、疲れました。などと思いながら「楽しい読書」は何処にと云う感じ。次の『侏儒の言葉・西方の人』で〆切にします。
読了日:02月16日 著者:芥川 龍之介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4985400

■侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)
「神」に近づこうとした芥川さん、世の書物を読破しその知識力で創造主に最も近い芸術家小説家の道を選ぶ。『羅生門、鼻、芋粥、地獄変、杜子春』それは無理解対立葛藤を経て自己の絶対化から人間の自然の生き方を見つけるものだった。だが『河童』では、神イエスは人間的に生きた人間であった。自然を理解しているのに自身を理解してない「最大の矛盾」があった。イエスは信仰者により神格化されたと同様に芥川は後代の愛読者に・・・と限界を感じ諦めた。極薄知識なれど夏目、芥川、太宰、三島と繋がる文学がぼんやりと・・・。
読了日:02月19日 著者:芥川 龍之介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5022806

■トンデモ偉人伝―天才編
知人がくれた本書。みな結構ショックな変人奇人ぶり。なかでも「ソクラテス」「ルソー」「カント」「ドフトエフスキー」がイメージとまったく違うとんでも変人のエピソードが紹介されている。信じられない、ほんとに?いい加減なとんでも本かと思いきや著者は真面目に偉人たちを研究しているようだ。漱石さんはこの天才編に登場している。「I LOVE YOU」を「私はあなたを愛しています」と訳をした学生に「日本男児はそんなことは言わない。こういう時は『月がキレイですね』と訳すもんだ」漱石さん凄い!:-) ぜひ「作家編」も読みたい
読了日:02月20日 著者:山口 智司
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5034804

■山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)
漱石さんと違い独逸で社交的に留学生活を送ったようですが、最初の方の短編「カズイスチカ」「妄想」などは、やたら仏蘭西・独逸語があって読みにくく閉口。かと思えば「興津八五右衛門の遺書」は漢字だらけでスルー。「護持院原の仇討」辺りから引き込まれる。ぁ~、敵を探す辛く果てない忍耐の旅旅旅旅旅の物語。「山陽大夫」・・・ぁ、安寿と厨子王!知りませんでした。盲目の老婆になったお母さんに会う場面は、この年でもほろり。「高瀬舟」微笑む不思議な罪人、ぁ!これも知っている、学校で読んだ刹那い物語。鷗外さんすみません。
読了日:02月24日 著者:森 鴎外
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5093365

■博士の本棚 (新潮文庫)
「本棚」の二文字と挿絵だけの印象で買った本書。『博士の愛した数式』はTVで見て感動した。ぁ~、あの著者の本。へぇ~女性だったのね。読み始めるとすぐ入り込んだ。そういう時は、ページをめくるときシャリッ、シャリッ、っと音がする。紙をなでる指からは著者や登場人物や風景や香りや風や光、あらゆる心情が伝わってくる。1ページ1ページ文章のリズムに身をまかせ時は流れる。読書と云う幸せな時。ぁ~、ここの500文字にどう表せばいいのだろう。小川洋子さんに恋をしてしまったようだ。と、とにかく本書に出会えたことに感謝する。
読了日:02月28日 著者:小川 洋子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5154249


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/1313-25d3e1de

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。