旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> (05年10月)ほんとのため息 > ABC建設営業マンさんと出会う  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABC建設営業マンさんと出会う

2005 - 10/04 [Tue] - 19:47

少々鬱気味になりながら、一杯飲んで寝ようと思っていた。
ピ~ンポ~ン
玄関のチャイムが鳴った。
7時ごろであっただろうか、あたりは暗くなっていた。

玄関には、ネクタイスーツ姿の若い青年が立っていた。
「こんばんは、遅くに失礼します。ABC建設の大阪と申します。」
「ぁ、ぁ~、ABC建設さんですか。」
「資料を見て頂けるというので直接持ってまいりました。」
「ぇえ~、そうです、そうです・・・今日はもう見られないかと思っていました。」
「遅くなって申し訳ありません、直接お渡しした方がよいと思いまして。」
「そりゃぁ、わざわざありがとう。」
と、まぁこんなやり取りで始まったと思う。
これが、ABC建設の営業マン、大阪(仮名)さんとの最初の出会いである。
第一印象は「若い!」
もっと、海千山千のおじさん営業マンを想像していたのだが・・・・。
次は「笑顔がさわやか」ってところ。

「ほへと建設さんの資料は見せて頂けますか?」
おかしなことを言うのね・・・ふと思う。
「それはできないです、ABC建設さん独自の資料を作って頂けませんか?」
「ほへと建設さんがお隣にいますけど・・・よろしいですか?」
じつは、ほへと建設も住宅を手がけていて、ちょうどマンション建設予定地の隣に「ほへと住宅」を作っていたのである。毎日、ほへと建設の代人さんが来ているのだ。ま、部署が違うだろうからいいかもしれないが少々ドキドキしちゃうよね。

「ほへとさんとは、契約したわけじゃないですし、私の土地ですから堂々と測量なり調査なりしてもらってかまわないですよ。」
「分かりました。」
「もし何か聞かれたら、マンション建設のうわさを聞いてABC建設さんから話しに来たと言うことにしてくれませんか。」
「はい、いいですよ。」
後日、大阪さんにはお詫びを言ったけれど、なんとも、虫のいい話しをしたもんである。
自分の度胸のなさを実感する。

「8日(土)は、ほへと建設さんと仮契約をするかもしれない。明日、1日でできますか?」
「はい、できます。」
(たぶん、この日のうちに大方の調査は完了しているのだろう。)
「じゃぁ、明後日の6日(木)の午後休みをもらいますのでABC建設さんへ伺ってもいいですか?」
「お待ちしています。」


その夜、資料をくまなく読んだ。
印象は、マンション自体は「ほへと建設」に比べると高級感はない。
悪く言うと「安っぽい」のである。
ただ、社員が若くはつらつしている、新鮮なエネルギー?を感じる。
2代目の社長も若いが、社長独特の威厳みたいな雰囲気は持っている。
社名はカタカナに変えて新しいマンション賃貸事業、住宅事業に乗り出したばかりのようである。
縦の規律が厳しい「ほへと建設」とはまったく違う、社長と社員が一体となっている感じがする。
ま、それが良いか悪いかは別の問題だが・・・・。
建築は従来のRC工法を行っているようだ、これといった革新的技術はないようだ。
規模からすれば「ほへと建設」の方が格段に大きい。

ま、だいたいの図面と収支表ぐらいはできるだろう。
駄目で元々だから、見るだけ見てみよう。

鬱状態も和らいで、あさってが、楽しみになってきていた。

関連記事

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。