旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税金関係 > 専従者給与と花々  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専従者給与と花々

2009 - 11/10 [Tue] - 19:22

 先日、今年度の青色申告用資料を持って会計事務所を訪問したときに「専従者給与」について、担当の方に聞いてみた。

駐車場入口の花「妻がマンションの植栽をいろいろと手がけているので、その分の費やした時間を「専従者給与」として計上できないでしょうか。」

 そうすると、
 「ぇ~、できません。」

 少々驚き、
 「ぁ、デキナイのですか?毎日水やりとか日曜日もけっこうプランターいじったりしているんですけど・・・。」

 残念そうな顔のをする担当の方、
 「ぁ~、そうですか。でも、賃貸の契約上のことなんです。ぇ~、契約書の、ぇ~、確かのこの辺り・・・」
 会計事務所には、賃貸マンションの契約書のコピーとか全てそろっている。

5月の庭園灯周りの花と夏椿 自分も、はたと気がつく。
 「ぁ、そうか。借り上げ、リース契約だから、要するに、花を飾ったり、お掃除したりとかは、私たち夫婦の仕事じゃないですからねぇ~。」
 
 担当の方は、少々安堵した表情で書類を指差しながら、
 「はい、そうなんです。この部分ですね。」

 「ぁ~、そうですよね。まぁ、ボランテアしているような事と思うしかないですね。」
 なんだか、報われないような悲しい感じがした。

 「そういう方けっこうおられるんです。お掃除に行くために車を使うのでガソリン代を経費で落とせないか。と、言われる方がいまして。はい、その方も契約上ですね。はい、駄目でした。はい。」

 深いソファーの背もたれに少々のけぞりながら、
 「ぁ~、なるほど。けっこう、はぁ~、そういう契約の人で、まぁ、経費で落とせないと知らない人がいるんですねぇ。」

霜でしおれて退去された花々秋の庭園灯まわり、夏椿 春から秋にかけて庭園灯の周りや駐車場の入口を彩った花々は、秋の終焉とともにやってきた霜にやられて、妻の手で退去してきていた。

駐車場入口の花<冬仕様
 そうして、駐車場入口のプランターは、いつもまにやら冬仕様になっているのであります。どうもご苦労さんです。

 この花々と妻の努力はけっして無駄になっていないはずである。

関連記事

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/1269-dc77e990

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。