旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 読んだ本(賃貸・お金・他) > 心映えの記  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心映えの記

2009 - 09/17 [Thu] - 17:39

心映えの記 (中公文庫)心映えの記 (中公文庫)読書メータの自分の感想文から引用

 母と娘の生活が淡々と綴られている。太宰さんの死はショックだったようだけれど自分の身の上に起こりうる運命を素直に受け入れ、炊事婦や寮母をしながら娘を育てた母、静子。『斜陽』や『斜陽日記』の娘が母となってその娘さんがまた母を見つめている。母の凛とした生き方に威圧されました。病室で書いた詩「あなたは、 はじめてはいた赤いゴム長で 一だん二だん三だんと 八幡宮の石段をのぼりきった 「ママといっしょ」に <略>」にジワっときました。”人生いろいろ ”だけれども、ある一つの充実した生き方を見たような気がしました。
読了日:08月05日 著者:太田 治子


 親が死んで、やがて自分も死んで、そして息子たちがまた家庭を築き、人生を生きていく。人の世の移り変わりは淡々と時が過ぎていく。と、ふと思う。

 どんなことになろうとも、凛として生きていたいものだ。これを継いで生きていく人間は誰だい?できる限り全力をあげて引き継いであげるよ。
関連記事

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/1239-3727bee0

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。