FC2ブログ

          旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > 読んだ本(賃貸・お金・他) > 変身 (新潮文庫)  

変身 (新潮文庫)

2009 - 06/25 [Thu] - 23:32

変身 (新潮文庫)◆変身 (新潮文庫)

 「変身」?不思議な物語。

 朝起きたら、なんだかイモムシみたいな虫になっていたというお話なんだけど・・・。妙にリアルで気持ち悪いんだね。自分の身体がブヨブヨふにゃふにゃノイモムシになっているようなおぞましい感覚にもなる。

 イモムシになった主人公は、変身した自分をすんなり?受け入れ、サラリーマンなので遅刻すると首になっちゃうみたいな心配からはじまる。

 ときたまイモムシもいいもんだ見たいな呑気なところもある。なんというか諦め人生ということろ、どうにでもなれみたいなところとか、無力感もあるし、でも、人間の言葉も喋れないけれどなんとか助けてくれと訴えたり・・・。

 家族は他に3人いるけれど、父親はそんな姿の息子を隠しとうそうとするし、母親は恐怖に怯えてオロオロするばかり、唯一妹が面倒を見てくれる感じであったが、そのうち邪魔者扱いでなにやら意地悪な女に変身?してしまう。

空室渦巻き 一家はそのうち財政難となり、なんと賃貸をはじめるんだよね。個室にそれぞれお風呂やトイレを付けたわけじゃない、まぁ、下宿みたいなもんだ。すぐ3人入居して満室?状態となる。

 でも、イモムシが邪魔なんだね。でも、世話をしなきゃいけないし、一家で隠そうと努力するんだね。だって、巨大な虫なんかが同居してたら退去してしまうものね。でも、まぁ、けっきょく、ばれるんだけど・・・・ネタ晴れになるのでこの辺にしておきましょう。 読了日:05月24日 著者:カフカ

 カフカは『橋』という短編で知った。その時の日記(2009年3月15日)

 この『変身』は、百年近く読み続けられている小説でカフカ文学などといわれているらしいけど、自己啓発本と違い夢や希望や生きる道は見いだせない。でも、嫌いじゃないし、暗く、陰湿な読後感もない、そう、不思議な不思議なカフカ文学。

関連記事

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/1184-ab394712

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ検索