旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> (06年8月)地鎮祭 > 死んでも何か考えている  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んでも何か考えている

2006 - 08/10 [Thu] - 21:12

妻からのメールでテントが午前中にできたとのこと。

ABC営業マンさんに電話すると、
本社の施工部門が地鎮祭を進めているようなので知らなかったようだ。
へぇ~、そういうものなのね。

神主さんに渡す3万円の封筒にはなにを書けばいいのか聞いた見た。
先日DIY店で、慶弔(けいちょう)両用封筒を買ってきたのだ。
ようは、なにも書いてない、もちみずひきもない。
「ちょっとお待ちください・・・・」
あまりこういうこと聞く人いない?

「御礼」だけでいいそうだ。
名前はいらない、むろん裏に金額表示もいらない。
了解。
明日、筆ペンで書くことにしよう。

今日も少し残業。
帰宅したときは、もう暗くなっていた。
テントは足を半分たたんだ状態で設置してあった。
周りの草も綺麗に刈り取ってあるようだ。
道沿いの土手には、厚くて大きな鉄板が2枚置いてあった。
いよいよだね。
これで、世間に知れわたるのだ。
よけいな神経を使いそうだ。
少々不安な気持ち。

妻や長男が言った。
お父さんは死んでもなにか考えている。
なるほど・・・・・。

なんだか緊張している。
いつものように、早く寝ることにしよう。

関連記事

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。