旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 賃貸はるかなる道 > できる限り静かに保っておきたい  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できる限り静かに保っておきたい

2009 - 03/21 [Sat] - 07:13

海辺のカフカ (下) (新潮文庫) 『海辺のカフカ』に、こんな一説がある。

 大島さんが来る前に、図書館を開ける準備を済ませておく。館内の床に掃除機をかけ、窓ガラスを拭き、洗面所をきれいにし、ひとつひとつのテーブルと椅子に雑巾をかける。艶出しのスプレーを使って階段の手摺りを磨く。踊り場にあるステンドグラスにそっとはたきをかける。庭をほうきで掃いて、閲覧室のエアコンと、書庫の除湿機のスイッチをいれる。コーヒーをつくり、鉛筆を削っておく。誰もいない朝の図書館には,何かしら僕の心を打つものがある。すべての言葉と思想がそにに静かにやすんでいる。僕はできる限りその場所を美しく清潔に静かに保っておきたいと思う。

 いいね、好きな一節なんだ。カフカ君が流れるようにテキパキと朝の仕事をこなし綺麗な図書館にお客さんを迎える準備をする様子がよく伝わってくる。

 そうだね、できる限りマンションの周辺を清潔に静かに保っておきたいと思ふ・・・・。そんなわけで、春分の日には、アプローチ看板周りの冬囲いをはずしました。日差しはけっこう強いのですが、冷たい北風が吹いておりました。

mo冬囲いをはずす・アプローチ看板・サツキ・沈丁花・バルコニー・302号室から、黄砂の汚れ4-2009-03-20mo冬囲いをはずす・アプローチ看板・サツキ・沈丁花・バルコニー・302号室から、黄砂の汚れ5-2009-03-20
 
 沈丁花の花はふくらみはじめています。暖かい日が続けば4月前には開花し、芳香が漂うかもしれません。例年だと開花するのは4月の中ごろという気がしているのですが、暖冬の影響だと思われます。

 サツキは、茶色のまま冬を越したのであります。芽が吹いて新緑になればいいのですが少々心配であります。まだまだ植栽たちの気持ちがいまいち分からないのです。
関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/1136-a653f6d9

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。