旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 賃貸はるかなる道 > 電球交換依頼電話と幸せになる提案  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電球交換依頼電話と幸せになる提案

2008 - 10/30 [Thu] - 20:50

Fマネージメント制度への提案2008-10-30 朝、ABC建設(仮名)の大阪さん(仮名)に電話。通路の電球が切れいているので、ABC不動産(仮名)へ連絡お願いします。と、・・・・。

 ま、日頃思うことは、ほんとは自分はこんな電話をする義務はない。なぜならば、建物の管理は全てABC建設さんが面倒を見る事になっているから。でも、マンションの隣に住んでいることだし、放ってはおけない。

 ABC不動産は、電球の交換費用はABC建設さんへ請求する。(費用は幾らなのかは知らない。)こんな面倒なことをするのは、F・マネージメント制度(仮称)契約をしているからだ。

 F・マネージメント制度というのは、ま、一括借り上げ制度とか家賃保証制度とかいわれているもの。いわゆる本当の大家さんにとっては目の敵となる制度である。実際、管理会社は儲かるはずだ。

 この欠点は、オーナーが何も分からなくなることだ。(とりあえず、金銭は別にして)建物の状態、入居者の状況(どんな世代や職業に人気あるかとか)がまったく分からない。ようするに「馬鹿の壁」というやつだ。

 営業マン曰く、「全てお任せください、何もしなくても良いです、安心してください」とお決まりの文言で契約するのである。これは、良い方向に行けばいいけど、駄目な方向に行けばオーナーはもちろん、建設会社、不動産(管理会社)すべてに悪い方向に流れていくだろう。

 自分?いちおう、入居者さんの把握はできている(一部不明だけど)ま、いろいろ交渉してやっわかってきたんだけどね。もっと、詳しく知りたいけど今のままでは限界がある。

 自分の場合の欠点は、図の赤丸部分「ココ」。オーナーがマンションにまったく手出しができないことだ。とはいっても、掃除や植栽の手入れは自分の趣味?でしているけれど、ま、これも、契約上は、してないけない(する必要もない)ことなのだ。

 照明の球切れの場合は、普通の大家業をしていれば、とっくに球を交換できている。そこで、大阪さんに提案した。

 球の在庫は自分が常備している。もちろん、ABC不動産かABC建設から支給してもらう。交換費用は・・・・・・、自分がABC建設へ請求・・・・、ぅ~ん、この辺が難しいところ。契約上、面倒だ。それに、この制度のを契約している他の物件と違うことになってくる。「特約」扱いみたいなことに・・・・。

3階通路球切れ2008-10-29 自分は、無料交換しても良いと思っている。もと電気屋だったし、電球交換なんて朝飯前だ。でも、それじゃぁ・・・ね。(そこまで、奉仕?する必要はないでしょう・・・・・。)

 無料交換のことは、ときに、おいといて、何と言っても入居者にとって一番良い方法だとおもうけど・・・・。もっと、ほかに、オーナーも、建設会社も、不動産屋さんも、全員幸せになれる方法はあるだろか。

 と、大阪さんに提案した、懸案に出してくださいと。さぁ、どうなる、契約に縛られるだけで終わるのだろうか。自分としては、今後、しつこく提案していきたいと思っている。

 ぁ、ちなみに、電球は、まだ消えていました。

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://set0605.blog67.fc2.com/tb.php/1006-2d4fdc92

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。