FC2ブログ

          旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > 2011年05月17日  

夏椿とサツキさんたち

2011 - 05/17 [Tue] - 14:02

DSC00263.jpg 何やら雷鳴が轟く中、いつものように休日はお掃除。予想通りに、夏椿の花のツボミが出てきておりました。この椿は、この地に来て5回目の花を咲かせようとしています。

 1年目の冬は、北側には分譲住宅もなかったので寒風にやられて瀕死の状態となりました。2回目の冬は風除けをくるんであげたので、なんとか越冬しました。しかし、3年目4年目と、蓑虫だ大発生し、さらに、いもち病も発生、これまた瀕死状態となりました。

 でも、消毒とこまめに蓑虫退治をしてなんとか生きながらえてくれています。幹も大分太くなってきました。去年はあまり元気な花が咲きませんでしたが、今年は綺麗に咲かせるような気がしています。

DSC00266.jpg エントランスの両側に控えし、サツキさんたちもこの夏椿と同じ境遇をくぐり抜けてきています。ことしは、夏椿同様に頑張って花を咲かせてくれるような気がしています。

 この地にも、福島から来ておられる方々がおります。いまだ、終りが見えないような福島原発の状況の中、この夏椿やサツキさんたちが、来年も綺麗な花を咲かせているように願うばかりです。

 私は、結構不安でいます。ここは300キロちょい離れていますが、最悪放射能がたくさん来るような気もします。まさか、計画的避難地域にはならないと思いますが・・・・。この先どうなるのでしょう、とにかく放射能だけは余分なのですよね。

夏椿角度いろいろ16-2009-07-04 トルストイの小説を読むと人間の傲慢な行為を、気付かせたり和らげたり直したりするのは、それは大自然、自然の中から愛も生まれるのでしょう。と、感じられます。ところが、放射能は、全てを、なにもかもを、永久に奪い去ってしまう。

 白い椿の花や赤いサツキの花はどうなるのでしょう・・・。気が滅入ってきました。今日の日記は、この辺にしておきましょう。

スポンサーサイト



 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索