旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > 2011年04月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24回目の結婚記念日

2011 - 04/04 [Mon] - 15:00

20110404結婚記念日赤い薔薇2 4月4日は結婚記念日。早いもので24回目。

 1本の赤い薔薇と1本のカスミ草を贈る。

 時は刻まれていく。

スポンサーサイト

春の香り、生命の香り

2011 - 04/07 [Thu] - 13:02

20110407沈丁花20110407草むしり 沈丁花が咲き始めた。
 良い香りだ。

 春の香りだ。

 サツキ周りの草むしりをする。
 土の香りだ。

 生命の香りだ。

2011 - 04/12 [Tue] - 11:06



駐車場入り口に、プランターを4つ設置。スミレの花。(妻にたのまれたので、たぶん…。)

花咲く春が来る。

今年も水やりの準備

2011 - 04/15 [Fri] - 11:38

20110415散水栓の用意 今日は天気は良いけれども、風が強く、黄砂も飛んできて山や空は霞み、さらに花粉が飛んできてマスクを突き抜け鼻水だらだらすすりながらいつものように掃除をする。

 頑張って、水やりの準備をした。敷地内からホースを40メートルほどつなぎつなぎ引っ張り、ハ~ックションとクシャミ鼻水目がかゆい、試験良好!さっそくバケツに水を張りエントランスを拭いた。

 この先、新緑の春を迎え、雨降る梅雨を忍び、灼熱の夏を乗り越え、落ち葉散る秋まで頑張ってくれたまえ、ホース君、散水栓君。

2011年3月に読んだ本

2011 - 04/23 [Sat] - 15:05

20110423三月の読書メーター3月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1921ページ


 11日に東北大震災があった。結構ショックで、読書の時間が減った。さらには、19日はガソリン不足の中、横浜へ入ったりしたので忙しく、読む本は気分によって細々と変え多読となった。


弓と禅 改版弓と禅 改版 とある弓道家から借りた本。オイゲン・ヘリゲルさんは、1924年(大正13)独から東北帝国大学に哲学教授として夫人と共に招かれたバリバリの論理主義者だけども神秘主義に興味あり。禅を理解するため弓道家に弟子入りする。

 いきなりビックリ「ぇ、何だって筋肉を使わず弓を引く?」「呼吸法による精神集中で?」さらに「矢を放とうとするのではなく自然に放つとな?」・・・切磋琢磨3年後、そうだ西欧の銃射撃術だ引き金を引くときのあの指の感触に違いない。ついに、開眼!見事矢は的にあたった。

 やった!!しかし、それを見た師匠は無言で弓を取り上げ背を向け座布団に座った。今後の教えを断る「ぇえ、そんな何故に!?」師曰く「騙そうとした」弓の奥義ではないというのである。

 深い懺悔のもとさらに1年がたつ、任期もあと僅かもう諦めモード幾多の悩みや苦労も忘れ稽古したとき、師曰く「”それ”です」つまり彼が矢を放ったのではなく”それ”が矢を放った、自己自身からの離脱。

 だが、その先には「矢を当てるのではなく矢が当たる」??彼は師に問う「何十年も修行すれば目隠ししても当たるようになるんでしょうね、だって的の距離も大きさも変わらないんだから」みたいなことを言った。ぁ~あ。師は静かに待ちやがて夜になり有名な「暗中の的」のお話。

 電灯のスイッチを入れないようにした師匠は蚊取り線香1本だけの真っ暗闇の道場で、甲と乙の2本の矢を射る。「<略>梁の電灯をつけた時、甲矢が黒点の中央に当たり、また乙矢は甲矢の筈を砕いてその軸を少しばかり裂き割って、甲矢と並んで黒点に突き刺さっているのを見出して私は呆然とした<略>」彼は矢を引き抜かずそのまま的と一緒に持ち帰る。

 さらにこんなことも、師匠が彼の弓で3回ほど射ったあと、彼がその弓で射るとなんと的に不思議に当たるのだそうだ。ぉ~ 弓に精神が乗り移る。絶対無の境地、術のない術等々・・・。

 そして帰国時は5段の免状持ち、夫人は墨絵、生花、弓道も会得していた。そしてヘルゲルさんはこの書を書き数ヶ国語に翻訳された。難解な日本語にも訳され私がこうして読んでいる。真の日本人は自然とともに暮らせるまでの、精神修養の道を知らぬ間に心の奥底に持っている。

 震災復興、助けあい忍耐強く皆で頑張ろう。と、思わず元気がでるお話でした。
読了日:03月26日 著者:オイゲン・ヘリゲル

続きを読む »

連帯保証人の変更とワインを一杯と読書の力

2011 - 04/24 [Sun] - 06:00

20110423連帯保証人変更届け実印160 この事業を開始するにあたってのひとつの条件、それは連帯保証人の変更であった。そういう話が持ち上がり、いろいろ考え、悩み、決断し、実行してから、もう5年の月日が流れた。

 ぁっというまに月日が流れ、そして、無事に銀行との交渉も終わり。いま、連帯保証人変更届に実印を押してもらっている。これで、我が家族以外の人に債務を背負わせるような心配をしなくてもよい。


 一つ肩の荷が下りるような気がする。

20110413ワインを一杯 そんなわけで、ワインを一杯。ささやかな祝宴。

 ちょいと酔いが回ってツラツラと思うに、この日がくるのは結構難儀するんじゃないかと思っていた。ま、1月18日から(銀行よりの電話)気長に話をしてきたのであるが、以前の自分であったら、今頃は・・・・

 「はん、銀行なんてしょせん金貸し業さ、こんなこたぁ予想していたよ、結局のところ金のことしか考えないのさ、なんだかんだと理由をつけて、約束なんて守る気なんかないよね。状況が変わりましたなんて言ってさ。ぇ、そうそう、天下の先生様だってマニフェスト破りだもんねぇ・・・うッ」

 ・・・・なんて、いいながらワインをガブガブ飲んでいるかもしれない。

 でも、今は違う。なぜか、それは読書のおかげだ。そう、読書なの、読書の力なのよ。交渉するのは自分一人じゃァない、左右前後には名だたる文豪や哲学者や思想家がいるのです。その皆さんの知力を少しずつ貰っているのです。どうもありがとう。

 ぁのね、いい大人がゲームをしている場合じゃない。日本復興、景気回復のためにも、時間があったら読書をしよう。ぇ、ゲームは駄目だ!するな!とは、言ってない。(って、三男が高校の担任に言われている言葉だけどねぇ)

 ぁ、いかん・・・。ちょっと、酔いが回ってしまったかな。さ、寝よう。明日は早起きして、webページ作成を頑張ろう。 (明朝、6時自動投稿)

一段落

2011 - 04/28 [Thu] - 13:22

2011-04-28エントランス2011-04-28夏椿2011-04-28チューリップ

 保証人の切り替え手続きはあと3日で終わる。

 大学授業料払ったし、固定資産税は段取り付けたし、車検はローンで切り抜けたし、思いがけない負債の危機も峠を越えたし、一段落なり。

 いつものように、花と緑を手入れし、囲まれ、そして掃除に励もう。たぶん、当分は何もおこらないだろう。・・・静かに静かに祈り眠ろう。

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

03 ≪│2011/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。