旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > 2011年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう三月

2011 - 03/02 [Wed] - 14:13

一週間ぶりに、掃除せり。
風は、冷たいが陽射し強し。
時は過ぎゆく。

スポンサーサイト

2011年02月に読んだ本

2011 - 03/06 [Sun] - 18:49

201102読書メーター
2月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2583ページ


 2月はなんと云っても「谷崎潤一郎」であろう。予定では夏目漱石を再読しようと思っていたのであるが『春琴抄』を読んでからどうも気になって、心から離れられないのである。

 文章も見事なのだけども、まぁ、エロい小説なのである。人が誰しも持っている肉欲、支配欲、フェチズム、隷属を表現するのであるが、一歩間違えば、只の、エロ小説になってしまう。そういう小説は、昔から幾つも幾つもあったはずだ。

 だが、谷崎潤一郎の小説はいまだに読み継がれている。そこに何があるか。源氏物語を現代文に書きなおしたと云う谷崎さんであるから・・・・面倒なので、ま、そういうことだ。

 生き方も波乱に満ちている。というか、理想の女を求めて生きているので、離婚もするし、佐藤春夫といさかいを起こすし、さらに、短命か自殺する小説家のなか、大正、昭和の戦前戦後と三十数年も小説を書き続けたというのは凄い。どうだろう、彼の生き方は・・・・そんなわけで読み始めたのである・・・。

 自分の人生に重ね合わせてみると、・・・疲れたし、面倒なのでこのへんで終了。

痴人の愛 (新潮文庫)痴人の愛 (新潮文庫)
なんとも、醜く、情けなく、どうしようもない男の人生。嘘つかれ、裏切られ、てもどうしようもない男の性。ぁ~、だめ、妖しい女の悪魔のささやき、やり直せない、別れられない。世間では紳士でも彼女の前では、只の奴隷。どんなに堕落しても人生すべて投げ出す、そうやって生きるしかないほどの魅力的で麻薬のような女・・・。「これを読んで馬鹿馬鹿しいと思う人は笑ってください。教訓になると思う人は、いい見せしめにしてください<略>」笑えるし教訓にもなるなぁ、魅力いっぱいの悪魔の囁き、負けそうだなぁ。ぇ、妻とは・・・ふふ。:-)
読了日:02月27日 著者:谷崎 潤一郎

続きを読む »

雪にビックリ

2011 - 03/07 [Mon] - 06:29

SANY2423.jpgSANY2420.jpg
 今朝は4時半に起きて、ネットページ作成をしていたとことろ、ツイッターより雪が降っているとの情報。外を見てビックリ、10センチは積もっている。

 予定変更!

 と、つぶやきながら。反射的に着替えて速攻雪かきへ!雨から雪になったのだろうか、樋からは水の落ちる音がしている。結構な雪だドンドンつもる。降り止む様子がない。15センチほど積もるかもしれない。

 ガンガン雪かきをする。ママダンプが大活躍だ。駐車場もドンドンする、車の横も雪かきする。入居者のみなさんのために、ガシガシ雪かきをする。身体が熱くなってきた汗が出る。あまり疲労感はない。

 やはり、早寝、早起きは健康によいのだ。などと思いながら終了す。勤務のある日だったら、今頃は出発しなければならない。渋滞するから遅いくらいだ。ちょうど休日で良かった良かった。

 なにやら天気予報によると、これから気温が下がってきて9時か10時頃まで降るようだ。きょうは、病院にお昼前ぐらいに行かねばならないので、10時頃雪かきをしてから行こう。

1室入居あり

2011 - 03/11 [Fri] - 12:18

20110310-入居1 3月も半ばになろうとしているけれど、寒い北風が吹き、アルプスの山々は雪雲におおわれ、雲は灰色、春を待ちこがれている。

 そんな中、きょうも頑張ってお掃除をしていて、ふとドアを見ると「移転しました」という張り紙が新聞受けにない。ぁ、入居が決まったのかな。エントランスのポストを見ると張り紙がない。

 この部屋は角部屋で、私的には二番目に好きな部屋だ。道路から一番離れていて騒音は皆無と言ってよい。外には、小さな用水路が流れていて静かな夜には水の流の音が聞こえることだろう。

 窓の外には、我が自宅の花畑が見えて四季折々の花が楽しめる。いままで入居がなかったのが不思議に思っていたのだが・・・・。

 そんなわけで、冷たい風も心地良く感じながらお掃除を終えたのでありました。

税理士報酬振込み

2011 - 03/14 [Mon] - 14:45

20110314-税理士報酬振込み 本日、振込い手数料を含め約4万4千円也を税理士報酬を振り込む。いずれ自分で申告できる環境になる予定でいる。今のところ、知識はある程度大丈夫だが「時間」が無いのである。

 ついでに、連帯保証人の件でアポ無しで銀行の担当者に合う。ぅ~ん、予想通りの経過なり。明日、確定申告書を持っていくことにした。(毎年のこと)そのとき、チクリと一刺し、しておこうかと思っている。

 銀行は結局のところ「金貸し屋」というような俗的な言葉が浮かんでくる。ま、このことは冷静に粘り強く話をしていこうと思っている。ストレスが溜まって胃に悪影響してはいけないしね。

 詳しいことは、また、落ち着いたらまとめて記すことにしよう。

春の粧

2011 - 03/18 [Fri] - 16:42

20110318エントランス桜20110318薔薇

 明日、長男と彼女の家族に会いに横浜に出発。災害に合わない様に祈りながらの旅。一泊したら早めに帰宅の予定。

 その用意の中、もちろんお掃除もする。妻もお休みで、エントランスに桜の花(造花)をかざり、薔薇の花を手入れしてあっものを一緒に運ぶ。

 春の粧を施し、横浜へと旅立つ。

人生

2011 - 03/21 [Mon] - 13:53

諭史の寿司屋 横浜に行ってきた。4年間交際していた長男と彼女のご両親に合うためだ。

 両家の親は初対面である。震災復興の真っ只中横浜まで行くのもどうだろうと考えたが、二人の「愛」に負けたということにしておこう。ほんとうは家族全員揃う予定であったが縮小して両親だけとなった。

 ラフな格好で良いというのでジャケットを着て行くと、向こうのご両親もラフな格好であったが、なにやら息子ら二人はスーツ姿。「我々だけは一応」等といい、どうもけっこう緊張しているようだ。

 両家挨拶の後、近くの寿司屋で一杯。費用は二人が負担。「大丈夫か?」「父ちゃん、俺もう23だぜ」と言われたのは1ヶ月ほど前だった。

スクリーンショット(2011-03-21 14.14.48) 人の性格やこれからの付き合いは第一印象でほとんどわかるし、決まる。好印象100%!であった。二人は両家がうまくいくか、なにかこじれて印鑑を押してくれないだろか、などいろいろと不安なことだったろう。

 自分的には息子の選んだ子なのでなんの不安も心配もない、逆に心配を掛けているかもしれぬ。向こうのご両親は娘の嫁ぎ先となると、それはそれは不安になことだろう。

スクリーンショット(2011-03-21 14.15.13) 2時間ほど寿司屋で過ごす。気さくなお父さんで共通な話題や心情もたくさんあって、話が盛り上がる。最後にお寿司屋さんの玄関先で記念撮影。寿司屋の店員さんが慣れているのか?プロ級の間合いと語りかけで激写をしてくれる。

 その後二人のアパートで婚姻届に両家の父親の名前を書き、印を押す。そして、あらためて挨拶をした。彼女のお父さんは思わず涙ぐむ。娘を持つ父親の気持ちはあまりわからないが、たしかに胸にグッと来るものは想像できる。今回はこれで二人が入籍届けを出して終了となるが、いずれ、余裕ができたら親戚一同を紹介し紹介されたいと思う。

諭史と藍の二人後ろ姿 そして、二人に今夜泊まるビジネスホテルに送ってもらう。ふたりとも着替え、なんだか同じ色の靴を履き手もさりげなくつないでいる。「ぉい、手でも組んでみる?」などといいながら大都会の歩道を父母は歩く。

 我身もこんな道を歩んでいた時があった。

 人生の時は、流れ、移り、変わる。

おやすみなさい。

2011 - 03/23 [Wed] - 15:55

IMG_0461_20110323155242.jpg 疲れました、人間社会には本当に疲れました。静かに暮らしたいだけなのです、でも、引きこもっても駄目とか分かります。だから頑張ってきたつもりなのです。

 こんな気持になったり、周りにそういう原因ができるのも、これも全て私の不徳の致すところでありましょう。少しの間眠りにつけば精神が安定しまた頑張ることができるような気もします。

 では、おやすみなさい。

雪かき道具とスミレの花

2011 - 03/31 [Thu] - 18:53

20110331ツツジとすみれの花 3月も今日で終わる。でも、西山は雪雲がかかっていてときおり白いものが?・・・山から吹き下ろす風がとても冷たい。

 しかし、日差しは春だ。サツキの根元に咲いているスミレも春の光を一杯浴びるように、お天道さんに顔を向けている。
20110331雪かき片付け スギ花粉防止のマスクをしてお掃除をした。ついでに、雪かき道具を共用通路の下にしまいこんだ。

 お疲れさん。今年の12月まで、まぁ、ゆっくり養生しておくれ。ぁ、きれいに拭いてあげればよかったな。次のお掃除の時に、きれいにしてあげよう。

 じゃ、よろしく。

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

02 ≪│2011/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。