旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > 2010年09月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月に読んだ本

2010 - 09/03 [Fri] - 07:43

8月の読書メーター 8月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2631ページ

 8月はなんといっても、トルストイの『人生論』を読み終えたことかな。あまりページ数の多い本ではないけれども、いままで何度も途中で挫折した。

 だって、難しいんですから。でも、7月に『カラマーゾフの兄弟』を読み。最近は活字になれたせいもある。そして、ドストエフスキーやトルストイの基本にあるものは人の愛。ということ。

 それは『聖書』にあるらしい。聖書の入門書を読んだ。そんなこともあって、『人生論』を読了できたというわけだ。トルストイは「夏目漱石」に似ている感じがする。これから、はまりそうだ。

 しかし、体力がいるのだよ。古典というか文豪の対策を読むのは若いうちに読んでおくべきだと、つくづくと思うのでありました。


女盗賊プーラン〈下巻〉女盗賊プーラン〈下巻〉
感想、ぅ~ん、確かに読後感は茫然自失な感じ、彼女と私は年齢が5歳しか違わないのだ。カースト制度の差別の実態は凄まじい、虐待、恥辱、犬猫以下だ。理不尽な屈辱に耐え生き続けるか、自殺するしかない、それは不思議な事ではない日常の出来事なのだ。彼女が語らなければこの事実は消え去っていったことだろう。「愛情」という言葉は盗賊の頭から初めて聞いた。盗賊となって復讐の鬼と化したプーラン・・・。人の所業は不思議なものだ、でも、人間は悪行を繰り返しながらも良い方向に進化していると思うんだけどな。と、ふと思う。
読了日:08月29日 著者:プーラン デヴィ

女盗賊プーラン〈上巻〉女盗賊プーラン〈上巻〉
米原万里著『打ちのめされるようなすごい本』に「なお老婆心ながらご注意申し上げる。並の意志力しかお持ちでない方は、この本を開く前に、火急な用事は片付けておくこと。読み始めたら最後のピリオドまで、たとえ火事でも中断するのは不可能であるからだけではない。読了後は最低丸一日茫然自失状態に陥って何も手に付かなくなるからだ」紹介文(抜粋)がある。上下とも105円で購入。貧困層に生まれた少女は、虐待、村八分、白昼レイプ、警官の拷問、屈辱で過酷な人生が綴られていく。ぁ~、現実なのか、そこらのエンタメ小説は吹っ飛んでしまう
読了日:08月27日 著者:プーラン デヴィ

続きを読む »
スポンサーサイト

杉井保之講演会「事業で成功する人・しない人」

2010 - 09/11 [Sat] - 06:54

マンション掃除 休みの初日は、お掃除ですよ。台風が過ぎ去って残暑も少々和らいできました。風が爽やかに感じます。

 蜘蛛の巣もこまめに取る。日中は屋敷蜘蛛は、壁の隅や溝の中に巣があって寝ている?ので、棒で突っついて起こす!?と、床のにスルスルと糸を引いて落ちてきて、走り始める。何事が起こったかと思っているだろう。

 つかさず、蜘蛛取りほうきでササっと転がしてやる、と、死んだまねをするのか足を丸め見を丸くしコロコロと転がる。又もやつかさず、手でそれを掴み通路手すりの彼方へ放り投げるのだ。

 蜘蛛はけっこうよく飛んでいく。5メートルぐらいは飛ぶだろう。そして、田んぼの稲の中に落ちていく。『悪いね、次からはこの建物の他に住んでくれ。稲の周りには結構、君の好きなご馳走がいるだろう。でも、水の中に落ちないように注意してくれたまえ』などと思いながらせっせと蜘蛛退治をするのだ。

杉井保之講演会  さて、この日は久しぶりに講演会なるものに行ってきた。午後14時半開場、15時からの講演開始である題目は「事業で成功する人・しない人」である。無料である。

 講師は、杉井保之講師。警察官になり10年ほどたったとき、父親が病気になったため警察をやめ稼業を継いだ。だが、そこに待っていたのは3000万円の借金と、警察官と普通の人?という世間の目の違い、認識の違い、人の関わり方の違いだった。

 そして、その家業とは「消毒屋」つまり、シロアリやダニの駆除のしごとである。時をしてその頃は、その手の悪徳業者がマスコミ等で騒がしていたりもして、途方にくれるのである。

 杉井さんの目標は、10人の従業員を持つことだった。10人いて一人5%程度の利益をだしてくれれば、自分が病気になり仕事ができなくなっても、家族を養っていくということが出来ると考えたからだ。

 しかし、この業界には募集してもなかなか人が来なかった。結局、集まったのは非行少年か引きこもり少年だった。ここから杉井さんの無借金毎年連続黒字経営人生が始まる。

杉井保之講演会マインドマップ 「借金なしと言っても、皆さん銀行さんがお金を貸してくれませんからね(笑。毎年黒字経営といっても、こんな感じですから」といい、ホワイトボードに長く続くゆるい上り坂の直線を書いた。

 杉井さんはいう「誰でも成功したいと思う、成功する人と成功する人の違いは何か」
 それは、
「成功する人は、成功したいと思う」
「成功しない人は、成功したらいいなぁと思う」

 この簡単な?2行の奥底には色々な思い、決意、大切な意味、ある。この会場に来ていた人々は、中小企業の社長さんのような人が多く見受けられた。ぁ、自分がお世話になっている税理士さんにも出会った。「合うところで会うものですね」というようなことをいいながら挨拶をした。
 
 此処に来た人々はこの先の見えない不況の時代を、どう生き抜くか経営していくかを、見るため、聴くため、掴むためにここに足を運んだに違いない。

 杉井さんは言う「みなさん、マイナスだと思っていることもプラスに変えられるんです。いまの不況、マイナスですか、どうしますか?」講演の内容は書かない。次の日記にでも書こう。結局・・・、人のつながりが一番大事という。ま、よく聞く一語なのだけれども。


 今回はマインドマップ風にメモをとりながら公聴した。これの方が断然イイ、箇条書きに書いたメモより、あとで見ても話の内容がすぐわかるのである。

 ・・・・数日後、結構驚く葉書が一枚到着したのである。この辺で、筆を置こう、疲れた。

一枚の葉書

2010 - 09/16 [Thu] - 07:20

講演会 杉井保之 葉書 帰宅すると妻が「葉書が着ていたわよ」
 「ぇ、なんの葉書?」
 「なんだか、ありがとうございますとか書いてあったけど」
 「ぅ~ん、ぁ、あっ、そうか、そうだったのか」

 先日開催された講演会の講師である、杉井保之さんからの手紙であった。しかも、実筆である。

 従業員に毎日誰でも良いからとにかく「ありがとう」とかいた手紙を書くことと、会社の周りのお掃除をすることを徹底したという話を聞いた。それは、マイナスをプラスに変える第一歩でもある。

 杉井さん自らもこうして葉書を一枚一枚書いているとは驚き、そして、感動した。つまり、講義の内容はこういうことなのだ。

葉書返事コスモスの絵 自分も、とにかく、返事を書いた。見なおすと、なんとも、汚い字であるがしょうがない。感謝の気持ちが伝わればいいだろう。

 それでもと思い、右下に赤い筆ペンを使ってコスモスの絵を書いた。すこし、ましになったかもしれない。そういえば筆ペンで年賀状を書くのももうじき!?だね。などと、残暑が厳しいなか思ふなり。

 さて、自分はこの葉書を見て、どう考え、行動し、どう活かしていくべきなのか・・・が、この先、成功するかしないかの鍵になる。

 ぇ、成功するってどういう事かって。それは人によって違うだろうけれども、自分が思っている一つには「喜ばれることをしていたい」ということだ。ぁ、そうだね、お金はあればいいけども、お金を貯めることは手段であって目的ではない。と、思っているのです。

さよなら、iPhone3G回線SoftBank

2010 - 09/19 [Sun] - 13:58

さよならiPhone3G回線SoftBank ポツリポツリと雨が降り出していた。この日(9月16日)iPhoneの3G回線を解約した。写真はソフトバンクショップをでた直後、3Gの文字は消えているが、なぜかアンテナは5本立っている。(その後、「圏外」が表示され、「SoftBank」文字は消えた。)

 今年の2月にiPhoneを一括払いで購入し契約したので、解約料は9975円と日割り計算の合計になる。日割りは10日締めだということだから、ま、大した金額ではなかろう。ようは、解約料は1万円ちょっとということだ。

 これで、自宅にある無線LANのみでネット上につながることになる。現状、Eメールなしの生活となっている。携帯電話はauを解約せずに通話専用で持っているので、それで事が足りる。

 ぇ、何故に解約したか?それは、忙しいからだ。いつでも、どこでも、ネットを見られるしツイッターもできるし、とても便利ツールだと思った。そして、それは副収入になにか役立つことになると思った。いろいろできて、いろいろ見識が広がって、いろいろ行動範囲も・・・。

 ところが、忙しいだけ・・・・。ま、うまく使いこなしていないと言われればそれまでのことであるが。いまの自分にとっては、まだ、まだ、必要ないと感じた。月々4000円近い出費は別のことに当てることにする。

 ぇ、べつのことって何かって。それは、秘密。ま、そのうちこの日記に書く事もあるだろう。でもねぇ、Eメールがないと困るかもしれないなぁ。とりあえず、家族はauなのでCメールを使っている。(長男抜かして)

 ぅむ、ツイッターが家でしかつぶやけないのが、なんだか寂しい感じもする。必要でない人はまったく必要ないと思うけどね・・・。

窓辺の秋

2010 - 09/30 [Thu] - 14:32

夏椿紅葉 厳しかった残暑も終わり、空はすっかり秋の空。それにしても、この急激は温度低下はなんだろう。数年前、そのうち春と秋がなくなっていくなどと聞いたことがあったけども、現実となってしまうのだろうか。

 この夏椿も、この地に来てすでに4回目の秋を迎えた。真冬の風、ウドンコ病、蓑虫攻撃に耐えてきた。幹もすこしは太くなっている。よく耐えている。

 蜘蛛も秋になったせいか少なくなって、お掃除も楽になった。我がマンションはいつも綺麗なのだ。

IMG_0490大学授業料振込 今月は9月、9月といえば夏休み終わり、といえば新学期、といえば後期、といえば後期授業料、そんなわけで二男の大学授業料を振込した。

 卒業まであと3回、約180万円を用立てなければならないのである。ま、賃貸の利益から払うのであるが、現在、カスカスの終始となっている。

 なにやら、尖閣諸島の問題とか、円高とか、空洞化、人口減少、・・・・上等だ。切り抜けてやるよ。

窓辺の秋 秋の窓辺からは、冷たい秋風に揺られてチラチラと木漏れ日が揺れる。

 窓の外からはコウロギの鳴き声がする、リーリーリー。部屋の壁の時計の音が静かに時を刻む、チクタクチクタク。トルストイ『アンナ・カレーニナ』のページをめくる音、シャリ。

 ウトウトとする、静かな午後の秋。

 来月、ABC建設(仮名)の大阪さんに合う日を決めた。動くときには動かないといけません。「行動すれば次の現実」進展するときは行動するときなのである。


 2010年9月の記録、これにて失敬。

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。