旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > 2010年04月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の息吹

2010 - 04/05 [Mon] - 14:19

夏椿新芽 このところ天気が悪くマイナスになる朝があり、今日もあいかわらずの曇り空から雨がポツリポツリ。

 今日は10時半頃よりお掃除を始める。黄砂も一段落したようで雨の汚れも少ない。いまだ空室の3部屋のドアや窓を見れば、ふと、不安がよぎる。思いを込め丁寧に拭いてあげる。

 お天気は優れずとも、エントランス前の夏椿の新芽を見ると一日一日と春の息吹を感ずる。綺麗な葉をつけておくれよ、と願いつつ、激写!ぅ~ん、iPhoneカメラだと手前がピンぼけになってしまう。

お向井さんに開店した美容室 さて、左の写真は、何かと尋ねられば。白線、標識、プランター、沈丁花、サツキ、道、電柱、新築住宅。

 ぅ~ん、この新築住宅がヒント。この住宅を立て始めた去年、妻曰く「どうにも、変わった居間だわ。もしかするとあれは、お店かもしれない、ぅん、きっと美容室だわ」
 「ぇ~、そうかな。ただのデザイナーズな家なだけじゃないの、美容室ったって、ちょと狭いような・・・」

 などと話したのは、そうだなぁ。半年ぐらい前だったろうか。昨日、妻が自慢げに「ほら、私の言ったとおりでしょう」と、一枚の小さなチラシを見せた。

隣に開店した美容室の看板 <美容室開店>・・・・、「ぇ!ぉお~!?ソコのこと、コレ」
 「そうよ!今日、看板付けていたのよ!」ますます、自慢気な妻。
 「へほぉあぉおお~」ますます、驚いて見せる。
 「私、いってみようかしら」
 「いいんでないかい、広告も質素な感じでセンスがいいね。それに価格もお手頃のようだし、へぇ~」

 ま、なんていうか。空き家が多くなっていく今日この頃なのであるが、我がマンションのお向井さんに、美容室ができるというのは、なんだか嬉しい気持ちになったのであります。

 看板は小さなもので、シンプルで派手な感じはしない。ちょっとお話などしてみたい気がする。なにかしら、それなりの、機会が、あるような気がする。

スポンサーサイト

2010年3月の読書

2010 - 04/07 [Wed] - 15:45

2010年3月の読書メーター2010年3月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:4708ページ

 今月はなんといっても、三島由紀夫。

 三島由紀夫のおかげで文学というものの本質をかいま見た。でもそれは、太宰治、夏目漱石、芥川龍之介を読んだからだと思う。みな、つながっているやうな気がする。

 このことは、これから先、自分の生き方にかなり影響してくるやうなきがする。

 それと、小川洋子の書にであったことも大きい。静かな文章の中に秘めた重くて感慨深いものを見つけることができる。それは、何を見て、何を感じて、生きてきたか!そして、どう生きていくか・・・・だ。

20100405本棚002 いずれにしても、この先、まだまだ読まねばならぬものがある。それは、いまのところ今の自分には「シェイクスピア」にヒントがあるような気がする。自分の中では、シェイクスピアと太宰治がつながりはじめたのだ。

 小川洋子の著の中に、ちょっとした事がきっかけで運命が大きく変わるということが書いてあった。そのとおりだと思う。そして今回、ちょっとしたきっかけで『ハムレット』を再読した。このハムレットが、我が運命の分かれ目だったのかもしれない。

 そう、これから世界の文学をかいま見なければならないのだ。時間があまりない。でも、この一年は文学の中にどっぷり浸かるつもりでいる。その先に生きる道しるべがあるはずだから。

 これは確信に近いのだ。

 3月の読んだ18冊の500文字の感想文は<続き>ページにコピー。読書メーターのマイページより引用。


続きを読む »

初心ーー小さな芽と大きな木

2010 - 04/09 [Fri] - 14:50

 この春、とあるところで、ふと、目についた小さな芽。
 我が芸術的なセンスで激写!

 そして、ふと思う。
 「ぅ~ん、あの大きな木だって最初はこんなに小さかったんだよね。」

 初心忘るべからず――と。

 今日もせっせとマンションのお掃除をするのである。


ペンキ補修

2010 - 04/11 [Sun] - 14:54

補修用ペンキペンキハゲ補修

 冬を乗り越えた建物はところどころにペンキハゲが見える。簡単なところは自分で補修してしまう。

 ま、昔とった杵づかっていうことかな。ペンキ屋さんをしていたわけじゃァない。電気工事屋は何でもしたから、本職までとはいかないけれども、まぁ、少々それなりに出来るのである。

ペンキ補修前ペンキ補修あと後

 そんなわけで、補修用のペンキでペンキがはげている部分や、シールにヒビが入っているところを、ササっと補修しましたよ。これをするとしないとでは建物のもちが違う。自分の「気」がコンクリート(建物)の中に入っていくのだ!

 ふと思う。「共用通路はこうしているからいいんだけど、部屋のバルコニーとかどうなってんだろうね」

幻覚

2010 - 04/16 [Fri] - 18:05

雪と水仙マンション北から雪のふった春 4月も半ばを過ぎようとしているのに、昨日の朝は桜や杏や水仙、沈丁花、桃、数々の春の花の上に雪が積もった。

 昔から桜咲く時期に降る雪はあることはあったが、湿った雪でぼたん雪で牡丹の花びらのように大きくてゆらりゆらりヒラリヒラリと落ちてくるのが春の雪。

 ところが、この乾いた雪は水仙も驚いただらう。昨日から日本列島は寒波が押し寄せ真冬並みの寒さ。ま、身体が春仕様に変わりつつあった所なので、少々オーバーかもしれないが寒すぎる。

 そんな日でも休日といえば、やはり、お掃除をするのが我が使命。完全冬仕様の作業服に着替えて、せっせと三階からお掃除をする。エントランス前の夏椿の調子を見る。

 「ぉ~、一番南の木は元気だね、芽が大分大きくなった」

ラビットくん幻覚320 と、・・・・ぇ!? ラビットくん、ラビットくんが、柵の向こうに。

 ら、ら、ラビットくんが2匹・・・・とな?
 ついに、幻覚を見るようになってしまったのかい。

 と、とりあえず激写!
 激写さえすれば、そう、写っていれば幻ではないだらう・・・・。

ラビットくん幻覚2 そういうわけで、めでたくこのようにちゃんと画像に映っているし、ま、たぶんお隣の家のペットに違いない。と思う。それにしても、体型がソックリでびつくりしてしまった。

 それにしても、人なつこいラビットくんだね。警戒心をもっと抱いていないと、野良猫君に騙されて誘拐されて食べられちゃうぞ。のどかだなぁ~・・・・。

 ぇ、最近では幻覚がデジタルに映ることも考えられる。なんにしても高性能だし!と、まぁ、いろいろ余計なことを考えてもしょうがないので、妻に「あの家は、うさぎをペットにしているんだよねぇ」などと聞いてみようと思う。

チューリップとマンション なんだか、内容のない、どうでもいいような日記になってしまったれども、妻が何時の間にやらセットしたプランターのチューリップは、ちゃくちゃくと春本番に向かって開き始めていたのであった。

平成22年度の固定資産税

2010 - 04/21 [Wed] - 18:50

20100420固定資産税通知120 固定資産税納税通知書、4月の半ばといえばこの通知を心待ちにして?今日か明日かと首を長く細くして締め付けられる思いで待ちわびるのです。

 今年は何やら遅い、例年になく遅い!ような気がする。早くしてくれないと、こちらもいろいろと忙しいのです。なにしろ、大学の授業料を4月30日までに払わなければなりませんから・・・。

 平成22年度固定資産税納付通知書が19日にポストに。1期目の〆切が4月30日なのに、20日ごろになって通知がくるなんてまるでお役所仕事・・・で!ございました。

 さらに愚痴りますと、通知書日付は4月15日になっているのですが、支払期日は4月1日からというのは、意味不明な気がしてしょうがないのです。ぁの、担当者に機会があったらツッコミを入れてみようと思ったりもします。「ぇ?税務課職員さんがわからないの固定資産税!? 2007/04/20(金) の日記」(もう、税務課にはいないかもしれません)

20100420夏椿・芝桜・スズランの芽001001 春の雪や寒さにもめげず元気に咲き始めたチューリップや芝桜を見ながらマンションのお掃除を済ませ、パソコンの前におもむろに座るのであります。

 そして、今年の固定資産税をGoogleドキュメントにまとめるのであります。自宅分と賃貸分と分ける作業といいますか、昨今流行の仕分け作業といいましょうか、一年に一回なので四苦八苦しながらも、桜散る頃の楽しい?行事となっておりまする。

 今年の固定資産税。賃貸分の建物と土地は前年と1円も変わりませんでした。でも、自宅土地の固定課税標準額のみ下がっておりました。今年の評価額はのきなみ下落したとニュースで伝えられていましたから、ま、その通りです。でも、賃貸の土地はメイン道路沿いのせいなのか、昨年と同額なのでございます。

20100420Macで固定資産税計算001001 でも、ところが、税額は2000円ほど上昇しているのです。なぜでしょう?ファイルにツラツラとまとめる内に分かったのは、自宅の宅地の都市計画税課税標準額が上昇しているようなのです。増税でしょうか?それとも、ぁの税務職員さんが、お間違いになったのでございましょうか・・・。

 町の広報機関誌をパラパラ見たのですが税関係のページを見つけられず、それ以上調べるのは少々苦痛になったので、とりあえず、今日のところは放置することに致しました。春うらら。と、締めくくろうとしましたが、外は冷たい春の雨でございまして、いいかげん春だろ!なんて、ストーブの灯油は切らしたまんまですし、税の負担が思いのほか大きくのしかかるような心持ちになり、懐も、足元も、ついでに身も心も、寒くてたまらないのでございます。

 なにやら、ございます調の文章になり、まとまりの無い、ボロボロの日記になってしまったようでございます。なにしろ、お役人様に起こられては大変でございますから気を使うのでございます。そんなわけで、昼間は読書する間もありませんでしたが、今宵は、読書時間を取ることにいたししょう。

一枚の五千円札

2010 - 04/25 [Sun] - 07:40

一枚の五千円札 これは居間のこたつの上におかれた一枚の五千円札を激写したものだ。我が夫婦にとっては、ただの五千円札じゃあない。

 妻の携帯が鳴った。
 「なに、5千円があるの」
 「そういうことなら、お父さんに言えばいいんじゃないの」
 「ぁ~、そぅお」

 耳に入ってくる会話は、なにやら次男からの電話のようである。そして、二階に上がっていき何かを探しているようだ。長男も次男も部屋は大学に行ってもそのままの状態になっている。いずれ帰ってくるかもしれない。
 「じゃぁね」

 妻は携帯を切って、一枚の五千円札を台の上においた。
 「ぁ?なに、どうもありがとうございます」
 「じゃなくて!」
 「やっぱ、そうだわな。なんなの?」
 「4月は奨学金の振込が遅れるのよ」
 「へぇ、そうだったけか」
 「それでね、苦しいらしいの」
 「ふむふむ」
 「自分の部屋にヘソクリがあるからっていうのよ」
 「ぉ~、だったらお金送るのに、ぁ、それで、お父さんに云々か・・・」
 「そぅ、そう、言ったんだけど、まぁいいじゃないか~、とかいつものように言うのよ」
 「ふ、あいつらしいけどな」
 「それなりに、気を使っているんだわ・・・」
 「まぁ、プラス2000円しときなよ」
 激写!
 翌日、妻は3000円追加して通帳に振り込んだ。

2010年春大学授業料振込み

 先日、前期授業料61万円なりを銀行にて振り込む。

 安心して勉学に励んでくれ。

横断歩道とピサの斜塔

2010 - 04/29 [Thu] - 19:20

4年前の長男大学試験の日の姿 2006年秋、青山で買った安いスーツに身を包み横断歩道を渡る。激写!

 このころ、大学資金をどうするか右往左往していた。のが、懐かしい。

 この日長男は、大学の面接試験を受け、無事合格し、4度の春夏秋冬を経験し、無事卒業し、そしてこの春、無事就職し、社会人となった。

手製の靴棚 2010年春、ピサの斜塔ごとく傾く手作りダンボール下駄箱があった。引越し先アパートの玄関にて激写!

 年末から、このピサの斜塔に落ち着くまで長男はよく頑張った。このご時世なのに12月末でいきなり内定をけり、故郷のイザコザと、就活と、バイトと、アパート探しと、引越し用意と、いろいろ乗り越えた。

 なんか、いっちょまえになっている。もう、親の手を離れているのだ。安心した!

 貧乏だけれど、二人で頑張って社会に船出してくれ。

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。