FC2ブログ

          旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > 2009年06月03日  

お隣の賃貸物件みておもうこと

2009 - 06/03 [Wed] - 19:30

 うちの近隣にはけっこう賃貸物件がある。おとなりといってもいいぐらいの物件も2棟ある。すぐそばに保育園、小中学校と並んでいるので、いずれもファミリータイプのものだ。2DKだと思う。

 うちのマンションは1LDKなので競合はほとんど無いといってよい。最初はファミリータイプを計画していたのであるが、競合スルしないことを1LDKの単身カップル向けにした。ちょいと隙間を狙った感じである。

隣の賃貸7-2009-05-31 この物件は、一部屋ずつ独立していてその気になれば少しばかりの庭いじりもできる。築10年チョイぐらいになっていると思う。(屋根の向こうにはうちのマンションが見える。)ファミリー向けには立地がよいのでいつも満室で、子どもが周囲で遊んでいた。空室になってもすぐに埋まっていた。

 でも、この数ヶ月のあいだ2部屋空いたままだ。今までにないことである。5月の半ばに、敷地に新たに砂利を入れて整地をした。このオーナーは同じような物件を他にも持っているようだ。一番先に建てたこの物件の負債はすでに無いかも知れない。

隣の賃貸9-2009-05-31 この物件は1階と2階を一つの居室として8部屋分の物件で、やはりファミリー向けである。このアパートは、まだこの辺が田んぼばかりで賃貸もほとんど見あたらないときに建築された。うちの息子たちの同級生もここに生活していたことがある。この物件の向こう側うちのマンションがある。

 いつも満室であったのであるが、今年に入って3部屋ほど空いていた。ところが、最近になってふと見ると、2部屋しか入っていない。おとなりなのに案外気がつかないものだ。オーナーは別の事業をしていて、税金対策にしていたのかもしれない。

 築20年近くたった今では回収も終わり余裕の賃貸収入なのかもしれない。しかし、この空きはどうだろう・・・・。ふと思った、大改築?立て直し?それとも、周囲には過剰気味の新築ファミリー物件ができているので・・・・もしかして、撤収?

アパート解体現場 かつて、こんなふうに入居者がいなくなって鉄骨アパートからRC賃貸マンションに生まれ変わった物件があった。ことを思い出した。ここぞという時にサラリと身を引くことができるのかもしれない。その財力もあり先読みもできる事業家であるかもしれない。

 この時代の流れに身をどう処すればいいのかいつも考えていかねばならないだろう。それは、賃貸事業だけのことではないはずだ。呑気なサラリーマンなんて時代でもないだろうし・・・。

 などと、さえない雨空を見上げながらふと思うのでありました。

スポンサーサイト



 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索