旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > 2009年02月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の雲のように淡い灰色に寂しく光る

2009 - 02/02 [Mon] - 20:00

エントランスを水拭き2009-01-30 綺麗にモップ掛けしたエントランス(1月30日激写)のタイルは、冬の雲のように淡い灰色に寂しく光る。今年になって、1月末までに2部屋退去。両者とも勤務地の移動により転居。

 さらに、3月中旬までに1部屋退去。この方は、近くの実家へ戻るようだ。もろに、この不景気の影響を受けているようだ。残業禁止、週休3日、さらに10時出勤で4時終了。ということのようで、職を失うよりはよいだろうけど、収入的には厳しい。

 今まで、部屋の灯りをみては「頑張ってるなぁ」と思っていたんですけどね、入居してから、4年目にはいるときだったから決め時だったかな。自分だってこの環境におかれ、近くに実家があれば賃貸で頑張ろうにも限度があると思う・・・・。

 近くのプリント基板工場では、週休3日ではなく、週休4日になるという。(給与は6割支給)そして、知人の努めているパチンコ屋さんは閉鎖。でも、従業員の残業や休出を削って臨時雇用を募集というパチンコ屋さんが新聞記事に載っていた。(裏がある?ま、いろいろですねぇ)

ワインを一杯と贅沢な読書-2-2009-02-01
 『こんな日は、読書をしながら好きな赤ワインを飲むのがよい。昨日は、web作成でけっこう疲れて昼間から眠たいしね。このブログもうつらうつらとキーボードを打つのがよいかもしれない。

 でも、このワインは少々甘すぎるなぁ。』(日曜日夕方記す)


 県内の求人倍率は0.72倍、8ヶ月連続下げ、3月までの非正規労働者の解雇は6436人、全国では12万4802人(1月30日)、内訳は派遣5155人、期間419人、請負437人。で年末調査時の1.5倍。(実際はもっと多いとか・・・・)正規従業員へも厳しい話しが出始めている。

 最近の帰り道、40キロの道のりなんだけど渋滞が少ないんだね。なんだか、気のせいかと思っていたけど、妻曰く、「私の通勤道路も、車が少ない」と。なんだか、仕事もなくなって、人もいなくなった?

 どうも、みんな残業無しで一気に帰っちゃうんだね。うちの夫婦は、このご時世に残業をする仕事をしているので・・・・・通勤時間からはずれるとガクッと車が少なくなるということかもしれない。

 先日、知人の車やさんに情報を仕入れに行ったところ、お客さんで、とあるお掃除やさんが退去時のクリーニングを一巡してしまったとか・・・・。(ほとんどの部屋から退去したということ)

2009-01-30-05まだ花咲くのは早いんじゃないの うちのマンションは、これで4部屋の空室となった。徐々に、不況の荒波が実感として押し寄せてくる。寒。{{{{(+_+)}}}} 淘汰の末に暖かい春がまっているのだろう・・・・。

 写真は、暖かい春が来たと思って?もう咲いている小さな花。(1月30日激写)。まだまだ、寒い日が来るんだよ、しっかり生きてくれ。

 さぁ、元気を出そう、しっかり生きようじゃないか!

スポンサーサイト

ヒビか骨折か明日わかる

2009 - 02/03 [Tue] - 20:17

2009-02-03ヒビか骨折か明日検査 帰宅すると、三男がこんな状態・・・・。体育の時間で柔道をしていて、ま、こんな具合になってしまったらしい。暫くは、松葉杖の生活が続くのだろう。

 足の甲を痛めたらしく、この部分はレントゲンで見えにくいらしい。で、明日大きな病院に行って精密検査をしないと、骨折なのかヒビなのかわからないらしい。

 まぁ、普通なら笑い話のネタになる感じのことだろうけど・・・・・今回はちょと違うのだ。問題なのは、来週の9日は高校の前期試験日(面接試験)なのだ。骨折の場合は、それなりに手術をしないとならないかもしれない。

 ということは、最悪、試験は受けられない・・・・ことになる。面接の練習を何度もしたし、正月に帰省した兄ちゃんたちにも特訓を受けた。それが、後期試験(筆記)一本になってしまうのか!?

 まさか、こんなことが起きるとは。

戦国武将「まさか」の凄い戦略―知将はいかにして生き残ったか? (知的生きかた文庫) この本を思い出した・・・・。戦国武将たちは、「まさか」の出来事を切り抜けていった。のだ。

 長男も小学校卒業式と中学入学式松葉杖と車いすだった。こんな時こそ、事実を受け入れプラス思考にもっていこうじゃないか。

 とにかく、明日の検査結果を待つのみだ。三男よ、おまえは試験に絶対行くのだ。
 
 きっとうまくいく。

サミュエル・スマイルズの「自助論」

2009 - 02/05 [Thu] - 20:00

サミュエル・スマイルズの自助論2009-01-10 最近読んで付箋紙だらけになった本は久しぶりだ。その名は「自助論」。著者はサミュエル・スマイルズ、訳者は竹内 均(東大名誉教授)である。

 サミュエル・スマイルズさんは、1812年イギリスに生まれ、お医者さんになるが、1858年に出版されたこの『自助論』で大成功を修めてからは、文筆に専念したという。(1904年没)

 この自助論は、D・カーネギー(1888~1955)の『道は開ける』と同様に、これでもかこれでもかと何人もの体験を例にあげて、自分で自分の運命を切り拓き、他人や国に頼らない自助の精神が題目となっている。

モレスキンにイギリス紳士2009-02-04 この本は世界中に翻訳されている。近代へのいろいろな経済のルールは、当時のイギリスから発祥したものだという。大英帝国といわれているころのイギリスはそれなりの道徳力があったといわれる。ま、よく聞いたり見たりする「イギリス紳士」みたいな感じかな。あと、007ジェームズボンドとか・・・・。

 これは、アメリカでも同じで以前は老舗のように続く企業を育てるという気風があったという。ところが、いまではM&Aのようにみられる金融で会社をポイポイ売り買いしてしまう気風がはびこってしまった・・・。

 当時、イギリスで聖書の次に売れていたのが『セルフ・ヘルプ』---つまり、この自助論であったという。そして、「不朽の名書」として今に至っていて、ま、こうやって自分も読むことができたわけである。(画像ははモレスキン書いた、イギリス紳士。のつもり)

 明治の初期に日本では『西国立志編』として出版され、福沢諭吉の『学問のすすめ』と並んで明治の青年たちに広く読まれ、独立自尊のスローガンが明治の青年たちを奮い立たせたという。

 この『西国立志編』のを訳し直して、自分にさえも分かりやすくしてくれたのが本書の訳者「竹内 均(ひとし)」先生(東大名誉教授。理学博士。地球物理学の世界的権威。科学雑誌「ニュートン」の編集長。)で、「自己鍛錬のための不朽の人生論」と題して解説が載っている。

 前略
 この本の原題ともなっている自助とは、勤勉に働いて,自分で自分の運命を切り拓くことである。つまり他人や国に頼らないことである。これを現代流にいえば自己実現ということになるだろう。
 中略
 私はこの本が青年というにはやや年とった人によっても読まれることを願う。自己実現をするのに遅すぎるということはないし,これらの年とった人たちが,自分の子供や自助の心を持った青年を選んで,彼らを助けてほしいと思うからである。
 「自助の心を持った人を助ける」といういい方には、一種の論理的矛盾がある。論理的には矛盾であっても,それは常識的には事実である。スマイルズの頃に比べて現在のイギリスの勢いがやや衰えたのは、イギリスの政治家たちが自助の心のない人を助けたからではないかとさえ,わたしは考える。
 こういった誤りをしないためにも,この本がやや年をとった人たちによって読まれることをわたしは願うのである。


 けっこう厳しいことをいわれるているような気がする。でも、自己実現をするのは遅すぎるということはないというのは、心強いお言葉である。

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
サミュエル スマイルズ
三笠書房
売り上げランキング: 77



 知らず知らずに、世間とかけ離れていってしまうような自分を意識するときがある。つまり、この事業の借金の大きさに潰されそうになるんだ。

 それに、必死に耐えようとする自分を、このような自己鍛錬の書物で補ってきた。でも、ふと、孤独になっていく自分がいる。そんな事を感じるような、出来事が多くなってきた。というか、話が合わないんだ・・・・。

モレスキンにバラエティ番組2009-02-04 テレビのバラエティ番組が異常に!?くだらない。ま、鬱な時はそんなこともあるんだけど、いまは違うんだ。ほんと、わらっちゃうくらいくだらない。

 ・・・これは自分が天狗になってしまったのかと、一歩引いて考えてみるんだけど・・・・・。(画像はモレスキンに書いた、バラエティ番組。)

 たとえば、自助論とかいっても、ポカ~んという感じか、また始まった、みたいな雰囲気。大多数の人と、話が合わないんだ。ま、孤独になっても良いと思うようになったけど・・・・・。

 だけど、ともに生きる人がいた。

 ぁ、三男は左足の甲の骨の骨折なり。でも、手術をしなくてもよい(しない方がよい)とのこと・・・・。なんだか、湿布しただけで病院から帰ってきました。松葉杖持って学校に通っている。

 もちろん、高校試験には行く予定。三男、強し。

久しぶりですね

2009 - 02/07 [Sat] - 16:12

大坂さん来宅08-2009-02-07 本日は、大阪さん(仮名)が尋ねてきた。久しぶりですね。ま、このあいだ電話ではあっているんですけどね。自宅へ来てくれたのは久々だ。ABC建設さん(仮名)は、年初から結構な人の移動があり、大阪さんもお引っ越ししたこともあって忙しそうでした。

 近況などを30分ほどコーヒーを飲みながら聞く。(ぉっと、忘れずに激写なり。)

 ABC建設さんは、厳しい不動産経営のご時世であるけれど、今年から支店を一つ増やして、ま、勝負どころといった感じ。その地区でも、正社員の希望退職をつのる新聞記事が毎日のように載っている。どんな秘策?で開拓していくのでしょうか。楽しみに見ている。

 敏腕?豪腕?営業マンである大阪さんは、そこへ移動になっちゃうかもしれない・・・・。なにせ、マンション3棟、住宅は?(聞き忘れ)戸ですからねぇ。だんだん、遠くへいっていまうような気持ち。

 でも、ま、このグローバルでweb2.0だか3.0の時代ですから、遠くにありても近しということに考えましょう。(なんだか訳わかんないな)・・・・頑張ってくださいね。ABC建設さんが不安定になると、自分の事業も足元から崩れていく感じですから・・・・。

 自分も、今できることを、精一杯頑張りますから!

最近の週末のお掃除は

2009 - 02/09 [Mon] - 20:00

 毎週、休みの日はお掃除するんだけれど、綺麗なんだ。通路のゴミももちろん、手すり、ガラス、照明、ドアとか、ボイラーとか・・・・・、だから、とても楽チン。

 これは、昨年発足したABCマネージメント管理課(仮称)での月2回の清掃業務の効果が十分出ているということに違いない。(汚れの着きにくい時期だけれど・・・・)

貯水槽のお掃除-2009-02-07 そこで、時間短縮になった分、自分としては、管理部の手の入らない部分(たぶんだけど)の清掃をすることにした。今回は、貯水槽。ま、タンク部分はいつも綺麗にしているけど、今回は周りの柵を綺麗にした。

 そりゃぁもう綺麗だよ、うちの貯水槽はね、タンク部だけじゃぁない、周囲にゴミはないし、柵まで光っているんだから。と、胸をはって言えるんだ。ここは、重要な飲料水があるんだからいつも綺麗にしておきたい。

今日は良い天気・・・・早く、春よこい

2009 - 02/11 [Wed] - 13:50

隣の分譲住宅地は今日も1軒棟上げだ2009-02-11 今朝は冷えたけれど、冬晴れでよい天気、でも風は冷たい。と、お昼頃になるとみるみる曇ってきて、冬型の天気、風も強くなって山は雪が降ってきた。

 軽くお掃除をする。となりの分譲住宅地では今日も大工さんのトンカチのおとが聞こえる。また一軒、棟上げだ。冷たい北風を遮ってくれるので、助かる。人も集まってくるし。
 
エントランス前の猫・鉢・龍の爪・水やり32-2009-02-11それから、水やりを妻にお願いされたので猫の鉢にジョロでポタポタと。そのうちこのエントランス周りを、花で一杯にしよう。

 それが、我々ができることの一つなり。最善を尽くそう。春の計画をポツポツと立てている。

 早く、春よこい。

 そういえば、先週から1Fの道路から見て一番奥の部屋の募集が消えている。もしかして、入居が決まったのかな?この部屋は角部屋で広いし、バルコニー前の人通りもなく(倉庫に行くぐらい)静かだし、1階がよい人はお手頃だと思う。(自分が入りたいぐらい。)ま、そのうちわかるだろう。

 

そうか、君はもういないのか

2009 - 02/13 [Fri] - 19:59

そうか、もう君はいないのか 帯の田村正和と富司純子の写真がなんともほのぼのしていた、しかも、格好いいし・・・・・衝動買い。

 恥ずかしながら、著者の城山三郎さんて知らなかった。直木賞も受賞している作家なんだ。読み始めると、奥さんとの物語が淡々と綴られている。

 幸せそうだ。本書には、小さな2枚の白黒写真が載っている。俳優さんのように格好良くとはいえないが、読み終わってその写真を見ていると、ほのぼのと共に生きた二人の絆が伝わってくる。

 それなりに苦労もしているけれど、さりげなく生きているような・・・奥さん。こんな場面が書かれている。

 『 それにしても、いくら理科系に弱いといえ、闇になる時間がほとんどない白夜の季節に、はるばるオーロラを見るためアラスカに来るなんて―――。
  時間も費用も、大きな無駄。容子自身、理科系に弱かったにせよ、「全く、あなたという人は!」と、呆れられたり、愚痴を言われておかしくないところだが、その種の反応は皆無で、
「あら、そうだったの。残念ね」
 と言っただけ。
 あまりに呆気ない反応に、こちらが拍子抜けした形であった。』


そうか、もう君はいないのか
城山三郎
新潮社
売り上げランキング: 835
おすすめ度の平均: 4.5
4 「家」を失った城山三郎氏。
5 タイトルの一言が胸にしみる
5 慈愛に満ちた家族
5 夫婦とは愛し合うもの
4 ある夫婦の愛のカタチ


 先日、妻に言った。
 「ほら、募集広告がうちのマンションは4部屋載っているんだよ・・・。」
 不安な顔色を浮かべるかと思い、さりげなく言ってみた。

 と、妻は、
 「賑やかでいいんじゃない」
 『ぉっと、やられた』―――と、心の中で思った。

 今、彼女が唯一のパートナー。

モレスキン夏椿の花そうか、君はもういないのか 『そうか、君はもういないのか』・・・・、この本には一度しか出てこないこの言葉だけど(たぶん)、心の奥底までしみ渡り、そして、心に深く残っている。  

『<前略>ふと、容子に話しかけようとして、われに返り、「そうか、もう君はいないのか」と、なおも容子に話しかけようとする。』


 夏椿の白い花がふと頭に浮かぶ、モレスキンに書いてみる。
 最近、痩せたのが気になっている―――。

こんなに暖かい休日は

2009 - 02/15 [Sun] - 16:32

2階の通路から住宅地を見る4-2009-02-14 夜降り続いた雨は朝にはやんだ。こんな寒中に、夜、ザーザーと雨が降る?風も強い、春一番!?

 オーストラリアの猛暑と大山火事の熱が北半球に押し寄せてきたのだろうか・・・・などと思いながら、きょうもマンションのお掃除。上着を一枚脱ぐしかない、ほんと、暖かい風。

 通路はゴミもなくチョチョっと終了。今回は、ボイラー周りが汚れが少々目立ったので綺麗に拭いた。よし、誰が見にきても綺麗な通路だね。ぁ、エントランスのタイルもモップがけ、OK。

植木鉢の花の入れ替え71-2009-02-14 午前中休日出勤をした妻は、午後になって。植栽の手入れ。こんなに暖かい休日は、自分でさえも思わず庭仕事をしたくなる。

 今回は、バルコニー前に設置した風除け用の棚を固定するために置いた植木鉢の花木の植え替えをした。(って、自分は肉体労働だけだけど)

 ここは日があまりあたらないので、元気がない。やはり、日光があたらないとかわいそう。冷たい北風に耐えて、瀕死の状態にも見える。ま、今度は自宅の庭先で温かい余生を暮らしてくれ。


Paula Pryke's Flower School: Mastering the Art of Floral Design
Paula Pryke
Rizzoli Intl Pubns
売り上げランキング: 3282
おすすめ度の平均: 5.0
5 写真がきれいです!
5 最高の教科書です


植木鉢の花の入れ替え74-2009-02-14 ぇ~っと、何を植えたか(名前が)分からない。一つやっと覚えたはの『竜の髭』・・・・これは、日陰でも北風にも絶えられるようだ。なんといっても、竜の髭だし。

 春先にあたって、妻に植栽予算として1000円なりを渡した。いろいろと、計画を立てるだろう。

合格

2009 - 02/17 [Tue] - 23:34

高校合格 きょうは、高校入試前期試験の結果発表日。三男は、試験一週間前の不運な!?左足骨折を乗り越え合格した。

 携帯に送られてきた画像をアップしておこう。

 一時はどうなることになるかと思ったが、なんとか乗り越えた。高校の保健室で高校受験をするとは、一生に一度しかできない!?経験だ。


合格手帳
合格手帳
posted with amazlet at 09.02.18
田村 仁人
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 8367
おすすめ度の平均: 4.5
3 コラムがいい。
4 これが必要な人は多い
5 シンプルだが非常に優れた学習計画帳
5 時間管理に優れている
5 東大に受かりました。

朝の雪かき

2009 - 02/20 [Fri] - 06:01

SANY0123.jpg 重たい雪だ。

 約15センチは積もっている。
 頑張って早起き、昨日は早めに寝た。

 夜が明けると共に雨に変わる予定。
 とりあえず、これでオーケーだ。

 さぁ、サラリーマン出勤しよう。
 渋滞する前に早立ちだ。

引き寄せの法則

2009 - 02/21 [Sat] - 19:01

共用通路お掃除 今日は、きのうの早起きと雪かきとサラリーマン勤務の疲れもあって、朝が辛い。筋肉痛に加え、なんだか体がだるい、スタミナがない感じ。

 ふと、頭の中をよぎる・・・『今週のお掃除は止めようかな・・・・』でも、それは駄目でしょ、続けることが自分の運命、生きる道なのだ。

 と、コーヒーを飲みつつ読書して、気を充填する。そんなわけで、マンションのお掃除をし始めたのは10時半をまわっていた。きのうと違い、冬らしく風が冷たい。冬はこのぐらい寒くなくては・・・、ためた気を静かに高揚させ、身も心も引き締めるのだ。

 雪が降りかかって汚れていた通路のガラスを綺麗に磨く、そう、これが我が生きる道だ。と、・・・・「こんにちは」と若い青年に行き会う。

ABC不動産の井内さん(両、仮名) ABC不動産の井内さん(仮名)web上ではお顔は拝見しておりましたが・・・、「はじめまして」―――、一通りの挨拶をする。

 井内さんは、退室の内見に来たとのこと・・・・「ぁ~・・・、あのお部屋ですね」3月中旬に退去予定の部屋で、すでに1月末から募集広告が出ている。この不況の影響で、一人住まいを止めて実家に帰るのである。『ぁ~ついにお引越しか。』悲しい。

 と、そんな表情を見たタイミングなのか、井内さんが言った。「あのお部屋は26日に入居になります」と―――。6日頃から、募集広告が消えていた部屋だ。やはり決まっていたのですね。

 数々あるうちの物件の中から選んでくれたのである。一番の決め手は、立地だったとのこと、すべてに感謝しよう。とても嬉しい。



引き寄せの法則
引き寄せの法則
posted with amazlet at 09.02.21
マイケル・J・ロオジエ
講談社
売り上げランキング: 848
おすすめ度の平均: 4.5
5 さっと読めて、すぐに実践に移れるのがとても良いと思います。
5 読みやすい本です。
5 「するな」「しない」「ない」と言う言葉以外の言葉で話すこと。
5 読んでみる価値があります。
4 「引き寄せの法則」の決定版

 ふとこの本を思い出す。頑張ればいい方向に向かっていくのだ。きょうは、お掃除にきていなければ、こういう出会いも会話もなかったことだろう。

 記念激写!

ひな祭りタペストリー

2009 - 02/24 [Tue] - 20:01

おひな様 この掲示板には、お正月のタペストリーを12月28日に取り付けてあった。

 ふと、妻から「ひな祭りタペストリー」を渡された。
 『ぉ、いつの間に作ったのだろう・・・』

 21日の土曜日からエントランスの掲示板には、おひな様が飾られているのである。

1月に読んだ本

2009 - 02/26 [Thu] - 20:00

 もう2月も終わりだけれども、読書メーターで1月分の読んだ本がまとめられるということなので、ここに記しておこう。これは、楽チンで良いねぇ。感想文は少し見直しておこう。

2009年1月の読書メータ
1月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2020ページ


本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
読書ってただ読むだけじゃダメらしい。その読書方法を書いた本の代表格で有名なのが本書のようなので買ってみた。

 最初は新発見!みたいな・・・でも、中だるみで読むのが辛かった、ちょとくどいし難しいし・・。でも、ほんとの読書ができるようになれば・・・!?

 今のところ苦手な読書、つまり『小説』といわれているもの。これは良いかもしれない→「小説は一気に読む」。と書いてあった。
読了日:01月30日 著者:モーティマー・J. アドラー,C.V. ドーレン

そうか、もう君はいないのかそうか、もう君はいないのか
著者と奥さんの物語が淡々と綴られていく。楽しいこと,辛いこと,淡々と,さらりと書かれている。そして、「そうか、もう君はいないのか」・・・・。

 最後に次女の紀子さんの回想には思わず・・・・。帯の写真、海辺を歩く田村正和と富司純子がかっこいい。本書の中に小さな2つの白黒写真がある、読み終わってからみるとしみじみと夫婦の絆が伝わってくる。

 俳優さんの写真とはまた違う味わいがある。著者が書いた詩が中盤にあるけれど、深く、深く、奥さんへの思いが伝わってくる。死を前に2人で生きた人生の想い出が伝わってくる。
読了日:01月30日 著者:城山三郎

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ)
生きる上での夢と現実の厳しさを著者の体験をもとに経験できる。なにかに迷い込んだときに読むといいかも。

読了日:01月20日 著者:西原理恵子

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
強い信念のたまもの。家族の絆。どんぐりに出会えたのは信念を突き詰めた結果なのか、自然と共に生きてみたい。でも、簡単には真似ができないような気がするな。この叔父さんだけのものかもしれない。

 それにしても、家族の苦労話は辛かったなぁ。特に子どもたち・・・・自分も、昔、なんだかにいてるところがあって、ダブってしまったね。
読了日:01月18日 著者:石川 拓治,NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班

新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論
歴史や今の出来事にはいろんな意見や隠し事がある、テレビや新聞の見方が変わってくる。マンガだけど読み応えがある。小林よしのり氏の『東大一直線』は面白かったよ。30年前の話さ。
読了日:01月10日 著者:小林 よしのり

吉田松陰の実学―世界を見据えた大和魂 (PHP新書)吉田松陰の実学―世界を見据えた大和魂 (PHP新書)
吉田松陰は凄い読書家で勉強したというから読んでみたけど。生まれから最後まで詳細に書かれている。吉田松陰の研究家ならいいだろう。自分は苦痛でした。
読了日:01月06日 著者:木村 幸比古

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
 ぱらぱらと、再読してみた。
3年前にこの本を読んで受けた衝撃を思い出す・・・・。
読了日:01月05日 著者:ロバート キヨサキ

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
確かに世界的歴史的な良書だ。
『道を開く』と共に本棚に置いておきたい。
読了日:01月05日 著者:サミュエル スマイルズ

読書メーター

確定申告書控え

2009 - 02/27 [Fri] - 21:25

青色申告書控え、仕訳帳など 今日は、税理士さんが夕方来てくれた。2日ほど前に電話があった。自分は、勤務でしかも残業の予定だったので妻に応対をお願いした。

 部屋に通すようにいってあったけれども、とても忙しそうで玄関先で申告書等を広げはじめたとのこと。とても、忙しいのだと思う。

 印鑑を押し、青色申告書控え、貸借対照表、減価償却表等と、きれいに整理された仕訳帳をもらった。この休みに一通り目と通そうと思う。

 ザッと見、1月末に来てくれたときにいわれた納税額が記されていて、納税は2600円、消費税は151500円(なぜ消費税があるかは略)4月の22日と26日に引き落としとなる予定。

 3月2日(月)に、e-Tax申請をして今年度の申告は終了となるが、税理士報酬の請求書を待たなければならない。たぶん、3月中に来るだろう。

春が近いので夏椿の

2009 - 02/28 [Sat] - 18:49

二階通路から地鎮祭を見る2009-02-28 今日は、お客さんがきていたので11時頃からお掃除をはじめました。昨日まで前線の影響で雨が降ったりやんだりでしたが、今日は快晴です。

 共用通路から見ると、隣の分譲地では地鎮祭が行われていました。良い天気になって良かったですね。夢見たマイホームが建つのはとても嬉しそうに見えました。

夏椿の冬囲いの下を少し開けた春仕様2009-02-28 今日で2月も終わりです。明日から、3月、3月といえば春です。ジャンバーをきていると熱いくらいです、ポカポカと暖かくなってきました。日差しが春のようです。

 そこで、夏椿の冬囲いの下の方を50センチぐらいまくり上げました。どうでしょう、これで春の陽気で蒸れたり、根本が乾燥することがなくなるのではないでしょうか。去年は凍死寸前になってしまった夏椿でしたが、今年は元気になってくれると見守っていこうと思います。

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。