FC2ブログ

          旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > 2005年10月11日  

EFG建設の家賃保証

2005 - 10/11 [Tue] - 17:00

ある日の夜、午後6時半頃であっただろうか。もう秋であったので、外は真っ暗になっていた。
 「お父さん、お客さんだよ」
 「誰?」
 「ぅ~ん、なんとか建設とか・・・良くわかんないけど」
 「(・_・?)ハテな」

 玄関に行くと、男性がたっていた。歳は40いくかいかないかぐらいかな。イヤ、もっと若いかも知れない。自分の顔を見るなり、頭を下げ挨拶をした。
 「夜分遅くにすみません、わたくしEFG建設の長田(仮名)と申します」
 「ぁ~、EFGけんせつさん」
 EFG建設と言えば、賃貸の仕事(暮らし)をしていない自分でも知っている。少し道を走ればすぐに目に付く、大手のアパート専門?建設会社である。
 「nori様のお土地にアパートを建設するというお話を聞きまして・・・・」
 この長田さん、両手をお腹のあたりでモジモジしながら必死で話す。なんだか、人は良さそうに思える。多分一生懸命この仕事をしているのだろう。
 「ぁ、そう。良くわかりましたね」
 「ぇ~、実は大沢さんからnori様のことを聞きまして」
 「あっ、大沢さんですか?」
 大沢さんというのは、会社の同僚から紹介されて半月ほど前に、賃貸アパート経営について、相談に行った(9月24日:やめたほうがいいですよ)人である。
 「はい、大沢は私の友人でしてnori様のお話を聞きましたので、ぜひとも、私どもも今回のお話のお仲間に入れていただきたいと思いまして、今回お邪魔させていただいたしだいです」
 「なるほど、大沢さんのお友達ですか・・・・ま、上がってください」
 「ありがとうございます」

 ここで、彼をなぜ招き入れてしまったのか、うまく説明できない。このころは、ABC
建設さんにアポを取ったころだったと思う。ほへとマンションだけでなく、賃貸の情報に飢えていた、自分から求めるのではなく、こうしてやってきたんだから聞いてみたいと思った。

 それに、人が良さそうだったからね。これは、直感だ。不振な人間は、なんとなくわかる、それは目と、その人物が醸し出す雰囲気。でも、ほんとの詐欺師は叶わないと思うけどね。

 部屋に入り、彼は両手を膝の上でモジモジさせながら言った。
 「じつは、nori様には『帰れ!』と怒鳴られると思っていました」
 「ぃ~え、そんなことないですよ」
 「どうも、ありがとうございます」
 そういって長田さんは、EFG建設の説明を始めた。EFG建設は、なんといっても一括借り上げ制度(家賃保証)が特徴である。共済会なるものがあって、そこには100億単位の資金が用意されているそうな。そこから、毎月決まった賃料が支払われるということだ。空室を心配する必要がない。

 この一括借り上げ制度(家賃保証制度)はうまく利用しないと、やばい。どんどん、家賃を下げられてしまうおそれがあるらしい。プロとそんな駆け引きはごめんだ。それに、EFG建設さんの主力は鉄骨アパートである。20年後には、ボロボロになるに違いない。その修繕はどうする、建て替えするほどの資金があったほうがよいだろう。それこそ、負債は20年以下で回収すべきだと思う。無一文の自分には、家賃保証だけのリスク回避では駄目だと思う。

 「そうですか、でもね、自分はRC構造と決めているんですよ。それにね、根本的な問題・・・つまりね、こんなこともうやめようかなぁって思ってるの。」
 「いや~、noriさんそれはもったいないですよ。この立地なら絶対に安定収入できますからね。それに、私どもでもRCをしております」
 「ぅ~ん、せっかく来たんだから話しだけ聞いてんだけどね」
 「ぜひ、あの、見積もりをさせていただけませんか」
 彼の、すごく必死で懇願する仕草がなぜか親近感を覚えてしまう。これも、一流の営業テクニックだろうか。どんな見積もりがでるのか興味を持った。
 「良いですよ、見積もりだけでしたらいくらでも」
 「ありがとうございます。それで、私どもが測量とかしても良いでしょうか」
 「もちろんですよ、あの土地はまだ誰のものでもない、自分のものですからね、いくらでも測量しても良いですよ。」
 「それでは、2週間ほどで資料を持ってきますからよろしくお願いします」
 『ぇっ?2週間もかかるの?』と、言いたかったけどやめた。きっと、本社が県外にあるからだろうか・・・、いろいろ手続きがいるんだろうね。彼は、持ってきた資料を置いて帰っていった。

 それにしても、相談に行った大沢さんがこんなに簡単に他人にを話してしまうのだろうか?保健関係の仕事しているプロなんだから、個人情報ぐらいのことは頭の中にあるはずだろうに。

 後日、会社の同僚にこのことを話してみたところ・・・・。
 「ぁ~、そのことは知ってますよ」
 「ぇ?」
 「大沢さんがね、noriさんはその後どうなの?っていう話しになったので、やりたいみたいだよって話したんですよ」
 「へぇ~、そうなの、そっか、お友達付き合いしてくるから良く行き会うんだっただね」
 「ぅん、そうか~、じゃぁ安心一括借り上げ制度を勧められる友人にはなししとこうかって言ってたんですよ」
 「ぁ~、そうだったんだ」

 ここで、同僚との話は終わりになったが・・・幻滅した。まぁ、同僚はよくわからないところもあるから「一括借り上げ制度」なら安心だと思うかもしれないが、かつて、不動産の仕事をしていた大沢さんにしては、少々、いや、大部おかしなことを言うもんだと思った。アパート経営は素人が手を出すものではない、それより、健康にこつこつ働いて老後の生活設計をしっかりした方がよいと言っていたのに、「一括借り上げ制度」だけですべてがのリスクがなくなるとでも?

 ある人(不動産関係の人)がいうには、そうやって紹介してうまく契約できれば、少々のマージンがもらえるみたいなことがあると・・・・・・、ま、大沢さんは善意の気持ちで自分を紹介したと信じたい
 
 その後、このEFG建設の長田さんは事あるごとに顔を出すのであるが、自分に丁寧に断られ続けるのである。人はいいと思ったけど、なにせ、EFG建設の看板背負っているからね。社長命令で「絶対取れ」みたいなことを言われていたらしい。そうなると、どうしても無理がきちゃうんじゃないかな、話しの節々に他社の悪口が出てくるんだよね。他社の悪口いっても、しょせん駄目だと思うよ。

スポンサーサイト



久々に聞く「愛情」という言葉

2005 - 10/11 [Tue] - 19:00

---- 2006年 10月30日 記す ----

たぶん、自分が悩んで苦しんでいるのが小学校6年生の三男坊には分かるんだと思う。当時の日記(別のブログ)に、こんなことを書き残してある。


◆ 久々に聞く「愛情」という言葉・・・・・・・・

三男が、お母さんと一緒に部屋に入ってきた。
恥ずかしそうに、むずむずしている。
自分では、言いにくくて言えないらしい。
何か、おねだりだろうか・・・パソコンが欲しいとか?

母:「昨日の夜、考えたんだって。」
父:「何を考えたんだい。」
母:「お父さんは、いろいろ考えている。」
父:「ふむふむ。」
三: お母さんの後ろでモゾモゾ・・・
母:「お父さんは、家の大黒柱なんだって。」
父:「なるほど。」
母:「他のみんなも、柱なんだって。」
父:「ふむふむ、なるほど。」
母:「だから・・・・」
父:「だから?」
母:「だからね、一つでも欠けてはいけないんだって。」
父:「・・・な~るほど。」
母:「そしてね・・・・。」
父:「そして?」
母:「その家の中にあるものはね。」
父:「・・・あるものは?」
三: モゾモゾ・・・モゾモゾ・・・・
母:「愛情、なんだって。」
父:「ぉお~、愛情・・・・・。」 ・・・(T^T)

 このところ、長男の大学進学資金繰りでいろいろ考えていたせいであろうか。先週、我が家はこんな感じの家計状態で、先行きこんなふうに考えている。と、いうようなことを「家族全員集合なり!」の号令とともに1時間ほど話しをした。何も心配はないと・・・・。

 「愛情」という言葉を、現実の世界で久々に聞いたような気がする。人を信用することは、今の世では難しい。が、人を素直に信用できる自分でありたいものだ。

 そんな、自分はこの家族の中にいると確信したい。
父:「ありがとう。」素直に言ってみる。
三:「ぅん。」モゾモゾモゾモゾ

さぁ、寝よう。
疲れを取って、明日も家族のため、そして自分のために、頑張るのだ!

☆彡 我が家族 ☆ミ

我が家族の運命はどうなるのだろうか。
思いっきり、自分の背中に背負っているような気がしていた。

いよいよ、ほへと建設副社長に会う日がやってくるのである。
でもね、少しワクワクしていたんだよね。
自分が優位に立っているせいなのかもしれない。
でもね、社長さんと呼ばれる人と会うのは好きなんだよね。

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

09 ≪│2005/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ検索