旧ブログ名「賃貸マンション経営はるかなる道」

  硝子戸の中のナビゲーター   トップページ > (06年8月)地鎮祭  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐圧盤打設と公社面談

2006 - 09/05 [Tue] - 19:58

 今日は、残暑気味の暑さになりそう。湿度があまり高くならないだろうから、真夏みたいにはならないだろう。朝、耐圧盤と言われる部分の型枠を激写。綺麗だね、まっすぐだね。耐圧盤は、建物の底への、地下からの圧力を受け止める役目らしい。

参考サイト  現場実況中継/地下OUB工法 耐圧盤の配筋スタート





今日は、公社(公庫ではなかった)の方が融資や契約のことで、来ることになっている。なので、仕事は半日で帰宅。写真は、お話が終わった帰る際(3時50分頃)に取ったもの。すでに、コンクリ打設は終わっていて、後は固まるのみ。現場は誰もいなかった、今日は5時から着工式だからね。




◆ 住宅改良開発公社って
 
住宅開発公社って、とても堅物で怖い、お役人さんみたいな・・・感じがしていた。今日来た担当の方は、自分より、3つ上のおじさんだった。ネクタイとスーツに身を固めていて、暑い地域では大変だろうなぁ。我が家の座敷は、扇風機もいらないくらい、今日は涼しい。

 挨拶をし、名刺をもらって暫く話しをすると、すごく気さくなおじさんだった。そして、なにより安心したのは、この事業は公庫に対して公社と自分が一緒に事業をしていくと言うこと。なんだか、心強い気がする。だから、検査もそれなりにするし、資金の面も自分(オーナー)に有利になるように考えてくれると言うことだ。

 工事期間中の公庫に提出する書類や、委任状やら、何枚もの資料がいっぱい出てきた。一通り説明の後、実印を付く・・・・・・・・って、凄い量であった。手が痛くなった。これだけの、金額、建物、ですから、印の数も多くなります。そう経験できないことです、みたいなことを言う。なるほどその通りだ。

 公社の担当者は、以前は住宅金融公庫にいたという。全国へ転勤、転勤の連続で、地元に帰ってこれたのは20年の歳月を要したという。でも、暫くしたらまた転勤・・・・親のこともあってそれを断り、住宅改良開発公社に入ったのだという。みたいな、話もしたりして・・・・。

 2時間近くは、あっという間に過ぎた。公社担当者は、電車で来たので、駅まで大阪さんの車で送り迎えをしてもらう。予定の電車に遅れてしまったとか、帰りは9時頃になってしまう見たい。次の良い時間の電車に、間に合うと良いんだけど。気を付けて帰ってね。

次回、合うときは、建物が完成したときだそうだ。


さぁ、着工式に行かねば・・・・忙しいなぁ、き、き、緊張するなぁ。
とりあえず今日の日記はここまでにしておこう、疲れた。

スポンサーサイト

着工式挨拶文に四苦八苦

2006 - 09/04 [Mon] - 22:59

昨日の晩から、もう何回修正しただろう。
妻の厳しいチェックが入る。
まずは、誤字、脱字のチェック。

次は、文章のチェック。
くどいとか嫌みだとか、ぼろくそに言われる。
人格が否定されるようだ。

素直な自分て、なんなんだ!

むかついてくるが、我慢、我慢・・・、女にたてついてはいけない。
「私は、立派な文は書けないけど、チェックはできるのよ。」
って、わけわかるようなわからんような。
何とか修正するも、今度は長すぎるという。
確かに、7分は長いぞなぁ。

削る、削る・・・・・四苦八苦。
「私の気に入らないのは、ここと、ここと。」
って、まだそんなにあるのかぃ・・・・!
・・・・・・・・・・・、4分に縮まった。

最終原稿ができたのが、10時過ぎであった。
でも、作文発表みたいな感じになった。
ぁ~あ・・・、あとは、もうぶっつけ本番だ。
しかし、疲れたなぁ。

明日は、公社の面談もあるし、この原稿を読む着工式もあるし・・・・。
早くねよう。
準備は万端だ!218・・・・・・・・・。
だ、大丈夫かなぁ。388

公社検査結果書

2006 - 09/04 [Mon] - 22:38

住宅改良開発公社の検査があったようだ。
公社の部長さんと現場監督の下田さんが来たようだ。
その検査結果書を、家の方に届けてくれてあった。

見ると2通あって、
8月19日のものは、支持?と地縄の検査。
この晩は、確か・・・宴会があって酔っぱらって夜中に・・・・。
朝、大穴があって焦った。
その穴の中と建物位置の検査だったんだね。

9月4日(今日)は、耐圧(盤?)と地中梁の検査。
今日は、3つほどの指摘があった?
・結束線内部へ折り込む.
鉄筋の結束線のこどだよね。
電気屋さんや設備やさんもよく使うから、こりゃ大変だ。
厳しいみたいだね。

明日は、耐圧盤のコンクリート打設 65m^3 とのこと。

鉄筋の美と草刈り

2006 - 09/03 [Sun] - 16:13

今日は秋晴れ!と言ってもよい。
気温は上がるが、湿度が低く気持ちがよい。
風が、涼しいぞ。
稲穂はどんどん黄金色に変わっていく。
この時期になると、赤とんぼの羽もきらきら光ってくるんだよね。

丸いのが、たしかスペーサって言ったっけ。(あいまい、忘却)
大きいのが130ミリ、小さい方が90ミリ・・・かな。
このスペーサの外側が、仮枠コンパネの内側になるわけだ。
ここは、バルコニーの柱の部分だね。
このマンションの、シャープ、キューブな、感じが表現される柱。
イイ感じ。

柱を右みると、
向こうまで見える通りの上がバルコニー部分。
直線だね。
綺麗だね。


ここは、入口部分。
少し奥まった部分に、階段ができる。
複雑だね、綺麗だね。
鉄筋の美。
鉄筋やさん、凄いね。
コンクリ打つと、見えなくなっちゃうけど、しっかりここに記録しておくよ。

ここは、後ろ側。
共用通路から角部屋の玄関(入口)部分になる。
角部屋は、共用通路部分だけ広くなる。
垂直だね、水平だね。
綺麗だね。

南側の壁。
スペーサーが一直線に並ぶ。
いいね、綺麗だね。
コンクリ厚は、180ミリってとこかな?
現役?(電気工事屋)の頃は、見ただけで壁厚が分かったもんさ。
材料を、即、選べたもんね。
でも今は、よくわからなくなっちゃったね。

コンパネも、しっかり置いてある。
仮枠大工さんの出番を待っている。
設備やさんも、出番だね。
ボイド(円い筒)を取り付けるらしいから。


看板が、しっかり取り付けてあった
来年には、アプローチ看板と、植栽ができるはずだ。
ここは、春には沈丁花の香りがする予定だ。

今日は現場は休みのようだ。
誰も来ない。
そりゃそうだ、日曜日は休まないとね。

激写の後、草刈り。
今年は、あと一回すればいいって感じかな。
夏草の伸びもあまり急激に伸びなくなっている。
きのう、ちょと高めの歯を買ってきた。
やっぱし、切れるなぁ。


刈り取った草を2カ所にまとめて、スッキリした。
昔は、水路の周りの草を綺麗にしておかないと、水番さんに注意されたもんだよね、最近は住宅が増えて閉まったから・・・・しょうがないね。
水の流れる音が違うもんね。
良いね、いいね、綺麗だね。
この先、こうやって常に綺麗にしよう。
マンションの隣が草ぼうぼうじゃぁ、いけないもんね。
入居率アップに、少しは影響するんじゃない・・・。
家の周りも2年計画!?でいろいろ片付けて綺麗にする予定。

今日は、この町の防災訓練だったね。
大きな自衛隊のへりまで出動してきたぞ。
でっかいなぁ。
仮設ポールと共に激写!
ベストショットだね、これ。
いいね、いいね。

今日の日記は、画像満載。
ぁ~・・・、疲れた。

さて、5日の着工式の挨拶を考えねば・・・・・。
もう、4時になってしまった。
少々、いや!だいぶ、まじ焦り・・・・。

道路標識の移動のための書類

2006 - 09/02 [Sat] - 19:33

今日の朝は、涼しくて、からっと晴れて、気持ちがよい。
でも日中は、暑くなって朝晩の寒暖差が激しいとのこと。
ま、絶好の行楽日和ってとこかな。
ぉ、むこう側には、もう型枠が積まれているぞ。


 午前中、現場監督の下田さんが尋ねてきた。マンション道路側のの入り口に十字路の標識が立っている。この、標識の移動するための書類に印鑑がほしいとのこと。

 もっと遅くにするかと思っていたが、役所の立ち会いもすんだらしい。確かに、工事中、邪魔だもんね。写真で言えば、右側に移動するという。右側と言えば、十字路に近くなるから困難かな?みたいなことを思っていたが、敷地内の隅っこまで移動できるとのことである。左側だと、植栽部分があるから見っとも格好悪いから、よかった、よかった。下田さん、御苦労様です。

 この2階建ての小屋には、電気がすでに入っているとのこと。電話も引くそうである。ぅわ~、大きな工事だよなぁ。大変なこと始めちゃったよなぁ・・・。こんなことを、ふっと、思う。ぇ~い、行くとこまで行くしかないよ!と、奮い立つ。ま、もっと凄いことやっている人、いっぱいいるんだから・・・・・・。

 この写真を激写してから、二男の高校の文化祭に出発。文化祭では、工業化学科のクラスでガラス製の丸い文鎮に大阪さんのイニシャルを書いたものを作った。薬品で、ガラスを溶かして字を映し出す?(削ったみたいな)のだ。(って、激写するのを忘れた・・・)それを、ABC建設の営業所にいる大阪さんにおみやげとして持っていく。

 連絡を取りながら約束の時間より2時間遅れで到着。(ごめんね)5日の公庫の面談と着工式のことで、いろいろ話しを聞くことになっていた。面談の予定は5日に決定!・・・は、してないそうだ。5日に向けて調整しているとのこと。お役人様ぁ、来週の火曜日のことだから、いまさら変更しないでね・・・・。

 着工式の様子をなるべく詳しく教えてもらう。なにしろ、挨拶の文言が浮かんでこないのだ。そもそも、着工式とは、なんぞやということなんだけど。資料を探して、整理しておいた。


  • お施主と工事業者の顔の見えるマンション作り

  • お施主と工事に携わる業者や、ABC建設スタッフが一堂に会して、お施主の事業に対する思いや工事の安全を確認する。


と、言うことなんだよね。

根掘り葉掘り聞いて・・・・・・、


  • 安全第一。

  • 家が隣なので顔を出すからよろしくおねがいします・・・みたいなこと。

  • ABC建設さんの職人さんたちに対する考え方に共感した・・・・みたいなこと。

  • ま、飾らず、格好付けず、素直な気持ちで・・・・みたいな。


こんな感じなことを盛り込んで、話しをすればいいのではないか。

他に、いろいろ話しをしてあっという間に1時間半が過ぎる。
大阪さん、御邪魔しました。ありがとう。
よ~し、明日、草刈りを早めに済まして、じっくり考えることにしよう。
明日は早起きするぞ、今夜は夜更かし厳禁としよう。

9月1日早朝の現場は雨だった

2006 - 09/01 [Fri] - 19:19

雨に煙る、秋の朝?
もう、9月になった・・・・。
早朝の現場は雨だった。
夜からしとしと雨になっている。
雨が冷たく、冷気が漂う。
2階建ての現場小屋が関すんで?見える。
今日は、まだ蒸し暑い・・・かな。


ぉ、壁金がもうできている。
早いなぁ。





綺麗だなぁ。
いいね、いいね。






明日は、お休みだ。

稲穂と秋の予感

2006 - 08/31 [Thu] - 19:48

まだ、7時前だというのにもう暗い。
日が短くなったと実感する。
隣の田んぼの稲穂もこうべを垂れている。
そのうちに、黄金色に輝くことだろう。
秋の予感。
実りの秋、でもモノ悲しいんだよね。

って、
闇の向こうに現場小屋が見えるよ。
(暗くて移らなかった・・・)
それも2階建て。
へぇ~、凄いなぁ。(心臓がドキドキする)



朝、激写した現場を記しておこう。

スラブ鉄筋が引かれていた。
朝日の光が綺麗だ。
ほぉ~、思ったより太いのね。
綺麗に組んである。
昔、電気屋だった頃、よくこのスラブの鉄筋の間を配管したよなぁ。
腰を落としたまま、はいずり回ったよ。
真夏は、灼熱地獄だったよなぁ。
ふと、思い出す・・・・・。もう体力的に、絶対無理かも・・・・・。

ぉ、鉄筋がいろいろ置いてある。
いよいよ、どんどん材料が入ってくるんだね。
鉄筋やさんが一段落すると、次は型枠大工さんだね。
ここに、大工材料ががそのうち積まれるんだろうなぁ。



ぉ、荷札に「noriマンション」なんて書いてある。
・・・・・なんか、ドキドキします。
ぉ、太さD16・・・・太いね、太いね。
(4分の、上の太さかな・・・。)
って、設計上の規格はわからないけど。
昔の経験上、スラブであまりこの手の太い鉄筋はそう見たことない。
ほんと、素人考えだけど・・・・・何となく、安心。


そういえば、公庫の訪問(面談)は5日(着工式の日)になるようだ。
今日のお昼頃、まだ連絡が来ていないみたいだったけど・・・・。
もう明日は、仕事休めないからね。
お役人様ぁ・・・・・・どうぞ、よしなにお願いします。

基礎工事用足場完成

2006 - 08/29 [Tue] - 15:39

今日も、用事があって半日仕事で帰宅。
自宅の近くまで来たら、クレーンの先が見えた。
クレーンが高い、高いぞ~。

基礎工事用の足場を作っている。
A工業さんの職人さんが手際よく作っている。
今日中には完成だね。
(午後3時には、片づけしていたようである。)

おっ!
左側を見ると仮設電源のポールが立っている。
引込も終わっているようだ。
いいね、まっすぐだね、直立不動だね、決まってるね。
配線もビシッと決まってるようだ。
イイね、イイね。

お疲れさんでした。

続きを読む »

公庫面談の日取りと墨出し

2006 - 08/28 [Mon] - 15:20

今朝、電話が入ったらしい。
公庫で融資と契約の件で面談して詳しく説明をしたいとのこと。
って、平日しかないんだよね。
お役人と銀行やさんは、絶対土日は営業しないんだよね・・・・・。

 こっちだって、仕事があるんだけどね。
できれば、今週の木(31日)か金(1日)で、木なら午後で金なら午前が良いらしい。
ぁ、そう・・・・・。
5日(火)は着工式で午後にお休み取ってあるから、良いんだがなぁ。
とりあえず、5日を話しをしてもらうことにした。
きっと駄目だろネ!
第2候補として31日の午後と言うことにした。
しょうがないなぁ。
融資してもらうんだから、しょうがない・・・・・って、ことで。

それから、 自宅に来るという。
自宅に来てもらうと、困るんだよねぇ。
妻は、働きに行っているし、お茶のいっぱいでも出さなきゃいけないし・・・・。
それに、なにかと、片付けておかないといけないし・・・・。
 現場の近くでないと駄目みたいで、営業所とかでは駄目らしい。
となると、やっぱし自宅か。
面倒だけど、しょうがないなぁ。


今日は、ステコンに墨出し。
 ご苦労さんです。
今日はわりと涼しい風が吹いている。
 雲が多いから照り返しが少なくてちょうど良いかも

続きを読む »

日曜日も、ご苦労さんです

2006 - 08/27 [Sun] - 13:21

今日は、曇りがちの天気。
時々差し込む日差しはまだ暑いが、日影の風は涼しくて心地よい。
田んぼの土手にはイナゴが飛び跳ねている。
秋の気配。

 今日は、10時から三男が町民体育館で開かれている「ふれあい広場」なる催し物で、吹奏楽クラブの一人として演奏する。なので、妻と一緒に歩いていくことにした。そのついでに現場を激写也。

 現場のステコン打設は無事終わったようで、今日は残土?を片付けているようである。ダンプが来て、バックホーで土を積み込んでいた。日曜日なのに、ご苦労さんです。今日中には、平らになってしまうのかな。

 「ふれあい広場」って、なかなか盛況である。身体障害者の皆さんと交流を深めようと言う感じの主旨である。長男の演奏を聴いて、学校給食の試食(カレーと人参プリン)、テントの下でおにぎりと焼きそばを買って帰途につく。

続きを読む »

定年前後の基礎知識その1

2006 - 08/26 [Sat] - 21:53

 4月15日の定期勉強会に行ったが、相続税の勉強だったので6月の勉強会はパスした。今日は、現場を激写してから11時前には出発したので、4月のように5分遅刻せずに余裕で到着した。




午後1時20分頃到着。部屋に入る前に入口付近を激写。ここは、市民新聞社なので今まで使っていた骨董品みたいなプリンタを展示
してある。メカ好きではあるが、いまいち面白くない。(興味がない。)横目で通り過ぎる。




 室内に入って資料をもらう。レレ、人が少ないね。土曜日というのは、何かと忙しい人が多いらしい。なので、次回からは日曜にに変更になるそうな。自分的には、土曜日の方がいいんだけどね。こうやって日記を書く余裕もあるし・・・・。




◆ 定年と年金

 定年後の基礎知識と言っても、まだ10年後である。とはいうものの10年なんてあっという間かな・・・。勉強は主に年金のことであった。

 自分のやるべきことは、とりあえず地方事務所に行って、妻と自分の年金の支払い経歴がちゃんと登録されているか確認すること。最近、社保庁のいい加減さが、さらに暴露されてきている。間違いがあったら大変だ。

 なにしろ、同姓同名がいるらしい。しかも、漢字も同じ。同じ病院に行っているらしい、カルテを間違わないように、必ず生年月日を聞かれる。その人物には、いまだあったことはない。年金の経歴を間違うことなんて朝飯前の社保庁だから心配だ。

 今年中には、妻と2人で確認してこよう。55才になれば、年金が幾らもらえるかシュミレーションしてくれるらしい。ま、50の自分でも、お役人の御機嫌がよろしければ、してくれるかも・・・・。

 定年後の生活プランを立てることが基本とのこと。夢は幾らでもあるのだが、実際、形にしていくとなると・・・・なかなか・・・・なのである。

ステコン打設

2006 - 08/26 [Sat] - 19:43

今日も暑そうだ。
9時頃2階から見ると、ミキサー車が来ていた。
ぉ、打設がちょうどはじまる。
ぉ、あれに見えるは作業責任者の下田さんに違いない。
写真撮影用の看板を持って忙しいそうに歩いている。


出かける用意(ABC建設主催の今日は定期勉強会)をして、11時前に現場に行ってみる。

設計の谷崎さんも来ていた。
挨拶をして、いろいろ話しをする。
激写もする。
来週から基礎を本格的に始めるそうだ。
と、・・・・あまり長話をしてはいけない。
無口ですみませんと現場を立ち去る。(汗

ABC建設の社員さん現場でも直立不動で見送ってくれるのね。
恐縮してしまう。
さらに、車をバックで道に出したので誘導もしてもらった。
御邪魔しました、これからも激写に行くのでよろしくね。

不安

2006 - 08/25 [Fri] - 23:20

今日は帰り道に、営業所に寄って大阪さんにあってきた。6時頃行くと、大阪さんは留守で上司の宮上さん(仮名)と話しをする。大阪さんはすぐ帰って来るという。

 まず、9月5日の着工式のことを聞いた。着工式とは、職人さんたちとお施主の顔合わせ会みたいなものだ。そこで、お施主は挨拶をしなければならないというので、どんな様子のものか詳しく聞きたかったのである。

 着工式とは、お施主がどんな経由(想い)でこのマンションを建てることになったのかみたいなことを話して、職人さんたちがマンションを建てる思いを一緒にするということ。と、言えばいいのかな。お施主と建築屋さんと職人さん、みんながいきあってから着工するすると言うこと。

 この会の、意義はわかった。後は、どう話しを組み立てるかが思案のしどころかな。最初、大阪さんが私のことを紹介してくれるみたいだけど、どんなふうに紹介してくれんだろ。その内容によって喋ることも変わってくるような気が・・・・・・。

 そうこうしている内に、大阪さんが帰ってきた。今日は、夏服だね。営業マンさんには、珍しいポロシャツみたいな制服なんだよね。本格的な営業や、改まった仕事じゃないときはネクタイよりいいかも。ABC建設独特の雰囲気がある。

 マンションの南側のフェンス際には物置がある、その物置の基礎は大丈夫かこの間から不安であった。よう壁ができると想っていたからだ。でも、できる様子がないので図面を見ると、やはりない。基礎はしっかり作ると言うが、どうしてもアスファルトがくずれていってしまうような気がする。

 そこのところを良く設計の方に聞いてもらうように頼んだ。あらためて図面を見ると、フェンス際の用水路から50ミリ程度の高さでアスファルト舗装があるようだ。自分では、30~50センチほどあると思っていた。なんだか、納得安心。でも、よく聞いておいてね。不安を解消して・・・。


この数日、凄く不安になるときがある。
もう後戻りはできない。
自分は、とてつもなく大それたことをしでかしてしまったのではないか。
みたいな・・・・・。
宮上さんと大阪さんがいうには・・・。
たいがい、みんなそうなるそうだ。
もう取り消しもできないわけで・・・・・
でも完成して、入居者で埋まると安心するそうな・・・・・。

今日は、尋ねて良かったよ。
とにかく不安をやわらげてもらうしかない。
それには、大阪さんや宮上さんたちといきあって話しをするしかない。
またつき合ってね。
とにかく話は尽きないんだから・・・・いつも、つき合ってくれてありがとう。

長話を、しちゃいけないね。
なんてったって、大阪さんは新婚さんだし!
社員の残業が・・・・・って、社長に怒られちゃうしね。392
それに、妻にも怒られちゃうし。
7時半ごろ、営業所を後にした。
(お手頃の時間・・・・かな)

ぅわ~、画像が変わっている・・・・

2006 - 08/25 [Fri] - 21:11

このブログ、ちょと変じゃない。
テンプレート変えたから?

自分のデジカメは「DSCF0001」から連番になる。
その日撮った写真は、移動したり消したりするのでカメラの中はなにもなくなる。
次の日取れば、また、DSCF0001からの連番になる。
日付ごとのフォルダに画像を入れるので、同じ番号でも上書きされるようなことはない。

で、
同じ番号の画像をアップしたら(名前は変えたけど)過去の同じ番号の画像と入れ替わってしまっている・・・・・汗
はて?
ローカルにある画像の名前が変更されてアップされる場合もある。
今回は、ローカルの番号そのものがweb上のファイル名になっている。

ぁ、英数字の場合はそのままのファイル名でアップされるのか!
し、し、しまった~!
それにしても・・・・・・ごちゃ混ぜにならなくてもいいのに。
そういうことって良くあるんじゃない、きっと・・・・・。
自分が悪いのかいなぁ・・・・・!?

最低でも、4枚ある。
うち2枚修正・・・・。
他にもあるかも・・・・・・。

ぁあ~ぁ。
探し出して修正するのは、面倒だなぁ・・・・。

工事看板

2006 - 08/24 [Thu] - 21:56

今日も暑い。
夕立とともに帰宅。
夕立のせいもあるが、あたりは薄暗い。
日に日に、日が短くなっていくだろう。

現場の横と通り過ぎようとすると、看板が目に入った。
ぁ~、ついにこの看板が建つのか・・・・・・。
枠はアルミ製で新品?なんだか綺麗だ。
左半分は、ABC建設さんのロゴがド~ンと書かれている。
なかなか格好いいよ。
看板は、まだ仮に置いてあるようだ。
こういう看板が建つと、ほんと、なんだか、はじまったなぁって実感が出てくる。

右半分は、いろいろ書いてある。
(仮称)noriマンション 新築工事
ぉ~、ついに我が名前が出てしまったか!
無の境地!?・・・・・意外と落ち着いている、自分。
営業担当 大阪さん
工事担当 下田さん
大きく載ってるねぇ。(^.^)
ぉ、至 平成19年1月31日
1ヶ月延びちゃったけど、しょうがないね。
ご近隣の皆様へなんてのを読んだら、少しドキドキしはじめた。
なんだか、ぇらいこと始めちゃったよなぁ。

無の境地になるしかない。
さっ、寝よう。
明日の仕事が待っている。

朝、激写。
4枚載せておこう。

地盤改良工事

2006 - 08/23 [Wed] - 21:02

残業して帰宅。現場は真っ暗になっていたが、なにやらバックホーが来ているようだ。隣の家の明かりを元に目をこらして見ると、建物と同じ程度の大きさに穴深く掘り下げてあった。きっと、基礎工事を始めるのだろうと思う。

 自宅の玄関にはいると、一通のチラシが・・・・・。ABC建設さんのお知らせメールだ。今日と明日でセメントと土を混ぜる地盤改良工事を行うとのこと。(担当の下田さん(仮名)の名前が入っている。)なので、洗濯物を外に干さないでね。って感じの文面。近所に配って歩いたに違いない。

 4月に実施したボーリング調査で少々地盤が弱いから地盤改良工事をするみたいなことを、大阪さんが言っていた。それが、現実となってきている。ボーリング調査の頃は、まだまだ寒かったよなぁ。

 なんだか、嬉しかった。こうやって、ご近所に気を使って工事してくれると安心する。今どきは当然かもしれないが、当然のことができないところもあるからね。とにかく、安心して任せられる気がする。

明日の朝、激写しよう。
さて・・・・・、寝よう。


4日朝激写、6:00すでにダンプが来て土を運んでいた。
早。

よう壁工事終了

2006 - 08/21 [Mon] - 16:52

今日は、なんだか曇りだが蒸し暑い。

バックホーは午後持って行ってしまった。
これで、とりあえずよう壁工事は終了か?
手前側のよう壁はどうなる?なし?

午後4時、頃激しい雷雨あり。
水たまりのできた現場を激写。
やはり夕立が来ると涼しいなぁ。

よう壁姿あらわす

2006 - 08/20 [Sun] - 10:39

日曜だけど、今日も仕事なのね。

きのうから、型枠を外していたようである。
朝から片付けをしている。
今日も暑くなりそう、お疲れさんです。


このコンクリート、50年先どうなってる・・・・?
よう壁鉄筋工事ふと、思う。
「ヒビぐらい入っているかもね、いや、もっと割れているかも」
「また始まった・・・。」
妻が言う。
「3ぶの鉄筋がバッチリ入っていたようだし、結構、頑丈みたいだ。」
「そう、良かったね。」
「・・・・・・・・・・・・。」
まるで子供がアヤされているみたい。


夕方には、端から端まで埋まっていた。
向こうの道沿いには、植栽部分の盛り土が見える。
こちらに半分ほどは、採石?みたいなのが引いてある。
これで、基礎工事の下準備ができたって感じかな。



午後、営業の大阪さんが尋ねてきた。最新の図面を持ってきてくれた。
受水槽がかなり広く取られたようで、北側に移っている。
冬の凍結防止対策が必要だね。
駐車場は、19台と変わらない。
角部屋2台とあとは1台で18台、1台は予備。

ま、角部屋全部2第必要かわからないから適に振り分けるんだろうけど。
南側の倉庫と建物の間が少し狭くなった(約2mから1m)けど、まっ問題ないレベル。
インターロッキングの東側には夏椿が3本。
最初は金木犀の予定だったけど変更してもらった。
なぜって、臭いがきつすぎるかな・・・って気がしたから。
沈丁花が入口側にあるし、金木犀は隣の自分の庭にあるしね。


建物の真ん中あたりに開いていた、大きな穴は公社で検査に来たんだそうだ。
基礎の一番下あたりを見たようである。
群馬の高崎からご苦労さんでした。

(;゜〇゜) こんな大穴が・・・・

2006 - 08/19 [Sat] - 06:40

二日酔い気味・・・。
夜中の2時から眠れなくて寝不足・・・・。
でも激写。
朝日に照らされる現場、型枠がバッチリできてるね。
 ふと、真ん中に土の山。
 はて?

 近くに行ってみる。
 (;゜〇゜) 大きな穴。
 昨日の夜、落ちなくて良かったなぁ。
 バックホーのある方を歩いていたから良かったよね。
 酔っぱらって、現場に行くのはやめにしよう。

「なんの穴?」 妻が聞く。
「・・・・・・、知らない。」
はてな?


 さぁ、仕事に行こう。

よう壁工事生コン打設

2006 - 08/18 [Fri] - 23:31

宴会があって10時半ごろ帰宅。
妻から懐中電灯を借りて夜な夜な歩いて激写なり。
たんなる、酔っぱらい・・・・・!?。

やっぱし、生コンを打ってあった。
まずは道沿いのよう壁を激写。
フラフラする。

なかなか、コンクリの幅が厚いね・・・満足。
180ミリか?
夏休み中の三男坊が言うには、ミキサー車が2台来たそうな。
へぇ~、やっぱ、ブロックじゃぁなかったのね。
ま、素人考えなんだけど、コンパネのコンクリ打設の方がしっかりした、よう壁ができると思う・・・。
ね、大阪さん!

ただ気になるのは、最初言っていたのと違うこと。
いや、自分の思い違い?
建築って、多々違うことがあるんだけど・・・。
嫌なのね、こういう積み重ねがね。
ま、いい方向に向いていればそれはそれで安心なんだけど・・・ね。


南側も激写。
隣の家の倉庫の境がバッチリ決まっているね!
さすが!職人さんだ。
室谷造園土木さん(仮名)よろしくお願いします。

職人さんが一番偉いよね。
大事にしないとね。
いくら立派な図面があっても、形にできなきゃぁ~意味がない。

お盆明けよう壁鉄筋工事

2006 - 08/18 [Fri] - 06:43

きのうは10時まで残業してきたので、朝激写。













よう壁鉄筋工事がしてあった。
ブロックを並べるんじゃないのね・・・・・。
今日は、コンパネを全部かえして生コンまで入れてしまうのか?

今日はお盆だけど

2006 - 08/13 [Sun] - 09:53

今日も工事が始まった。
8時50分頃激写。

今日は、北側の道沿いの外構?工事。
バックホーが1台増えている。
ダンプまで来てる。

今日はお盆だけど・・・・・。
ご苦労さんです。



きのうから、偏頭痛、だるい、少々鬱気味。

続きを読む »

よう壁工事が進む

2006 - 08/12 [Sat] - 10:40

今朝7:30ころ、激写。
向こうの道沿いまで終了していた。
半日でここまでできちゃうのね。
凄いね。
赤いネットまで張ってある、転落防止ということかな?
真ん中あたりに置いてある鉄板はなんのためだろう?
車転落防止?
ぅ~む・・・・・・・不明、まっ、いいか。

昔、職人だった頃よく言われたし言ったことを思い出す。
良い道具で良い仕事を早くする。

とっ!いってる間に
9時にはミキサー車が来て、ステコンを打ち始めていた。
左官屋さん?が、手早くにコンクリをならしていた。
10時前には終了していた。
早!

そして、誰もいなくなっていた。
今日も暑い・・・・・激写。

 この土手のあぜ道は、保育園に行ってた頃近道なのでよく通ったよなぁ。あぜ道は、当時は農作業でもよく歩いたから良く手入れされていて、歩きやすかった。今どきは、機械化が進んで人があまり歩かないから土手がどんどんくずれていくんだよね。

その土手、あぜ道は、もう無い・・・・。
綺麗に生まれ変わってくれ。

後は乾燥させて、よう壁ブロック屋さんあたりが来るということかな・・・・。
さて、お盆の用意でもしよう。

よう壁工事

2006 - 08/11 [Fri] - 17:35

ぁ!?
お昼前に、バックホーが2台すでに鎮座している。
早!
今日から始めると言っていたけど・・・計画通り!?
いい段取りだね。


3時半ごろお出かけから帰宅。
ぉお~!
こんなに進んでいる。
もう、土手が半分なくなっている。


お隣の倉庫の基礎の部分ギリギリだったね。
土地家屋調査士さんが来て一緒に立ち会ったとき了解済みだったけど。
アスファルト部分も少し削られるというのも了解済み。
こういう境界線は年々くずれいていく土手よりも、よう壁ブロックの方がいいよね。
ただ、たんぽぽが咲かなくなっちゃうけどね・・・・。

それにしても綺麗に境界線を掘っていくもんだ。
これから先、職人さんの腕を見るのが楽しみだ。

-- 追記 --
5時40分ごろ激写。
早!
一人増えてる。
今日中に、掘っちゃうわけ!?
凄いね。

地鎮祭無事終了

2006 - 08/11 [Fri] - 17:21

カテゴリーを一つ増やそう。(地鎮祭から~(06年8月))
名前も仮名を使って書くことにしよう。
ABC営業マンさんは、大阪さん(仮名)としよう。

朝の7時、家の2階から建築現場を激写する。
今日は快晴だが、暑くなるだろう。
ま、雨よりはいいんだけど。我が家は以前から何かあるごとに雨が降る「雨降り家族」なので、とくに雨が降っても驚かない。こういう快晴のほうが変な気持ちになる。

 
 9時前に、工事担当者が来て、一生懸命草刈りをしている、最後の仕上げ?さっそく挨拶に行ってみる。名刺をもらう。建築部 建設工事課 作業所長 下田(仮名)さんだ。さわやかな笑顔が第一印象、挨拶を交わす。

 神主さんも登場。服装は普段着?でもハカマをはいているのね。挨拶を交わしてから(やはり神主さんは名刺はないよね)早々と軽のワゴンから七つ道具?等を降ろし始めた。軽ワゴンの中からいっぱい出てくる。綺麗に整理して積んであるのね。

 もう9時をまわっている。服を着替えよう、ネクタイは締めないが、半袖シャツに麻のブレザーと白のズボンにする。着替えが終わって庭に出ると、大阪さん(仮名:もとABC営業マンさん)が到着した。いつもの夏服じゃなくて、ネクタイ姿で出現。お中元をもらう、ありがとう。現場に行くと、設計の谷崎さん(仮名)、工事担当の山澤さん(仮名)がきていて、みんな忙しく用意に飛び回って?いる。

 お供物もだんだんと並べられている。ぉ、パイナップルってのもありなのね。へぇ~、メロンまである。魚は、30センチぐらいのアジのようだ。タイよりは、おいしいかも。桑と釜、へぇ~、木でできているのね、本物を使っているのかと思ったけど、それなりにあるところにはあるもんだ。大阪さんの上司である宮上さんも到着。暑い、一段落付いたところで用意しておいたペットボトルのお茶を皆さんに飲んでもらう。

 そのうちに、信金さんの支店長さん、支店長代理さんが軽で到着。(やはり、銀行屋さんは白の軽がよくにあうね。)御神酒をもらう。おめでとうございますと言われると、実感が湧いてくる。も仕事の間をぬって来てくれた、やはり御神酒を持ってきてくれた。祭壇に、お祝いのお酒が並んだ。

 家族も全員集合、妻、息子3人。こんな大がかりな地鎮祭は普通、経験できないだろう。息子たちが、全員揃って出席できたことに感謝しよう。

続きを読む »

死んでも何か考えている

2006 - 08/10 [Thu] - 21:12

妻からのメールでテントが午前中にできたとのこと。

ABC営業マンさんに電話すると、
本社の施工部門が地鎮祭を進めているようなので知らなかったようだ。
へぇ~、そういうものなのね。

神主さんに渡す3万円の封筒にはなにを書けばいいのか聞いた見た。
先日DIY店で、慶弔(けいちょう)両用封筒を買ってきたのだ。
ようは、なにも書いてない、もちみずひきもない。
「ちょっとお待ちください・・・・」
あまりこういうこと聞く人いない?

「御礼」だけでいいそうだ。
名前はいらない、むろん裏に金額表示もいらない。
了解。
明日、筆ペンで書くことにしよう。

今日も少し残業。
帰宅したときは、もう暗くなっていた。
テントは足を半分たたんだ状態で設置してあった。
周りの草も綺麗に刈り取ってあるようだ。
道沿いの土手には、厚くて大きな鉄板が2枚置いてあった。
いよいよだね。
これで、世間に知れわたるのだ。
よけいな神経を使いそうだ。
少々不安な気持ち。

妻や長男が言った。
お父さんは死んでもなにか考えている。
なるほど・・・・・。

なんだか緊張している。
いつものように、早く寝ることにしよう。

地鎮祭準備が進んでいる

2006 - 08/09 [Wed] - 21:35

きのう残業で遅く帰ってくると妻が言った。
なにやらロープが張ってある。
赤い旗みたいなものが、西と南にあった。
はて?赤い旗みたいなものとは・・・・・。


台風8号の直撃はまぬがれたようで、あさから青空が覗いている。
2階から激写。
なるほど、ロープが貼ってある。
その周りの草も少々刈ってあるようだ。
明後日、このロープのあたりを神主と歩くのか・・・・。


赤い旗・・・・というより、これは・・・・・
建築図面の「X」と「Y」かな?

住宅改良開発公社が尋ねてきた

2006 - 08/08 [Tue] - 22:13

夕方の5時半ごろ来たらしい。
三男が相手をして、名刺三枚と「(財) 住宅か医療界初公社が行う工事管理内容のご説明」という書類をもらったようである。ABC営業マンさんと一緒だったらしいから、現地を見に来たのであろう。

 次長さんと部長さん、それと一級建築事務所の取締役技術部長(社長さん?)・・・・なんだか凄い人ばかり。公社は建物の工事管理を行うけど常駐はしないです、それと一部はこの一級建築事務所にお任せします。ってことみたい。

 2枚目の用紙には、細々と検査内容とその分担が書いてあった。




ぁ~、仕事で疲れた。
もう書く気がしない、今日はこれで終わり。

孤独

2006 - 08/06 [Sun] - 11:59

「経営者には案外、相談相手がいないものです。」 と、とあるHPに書いてある。
確かにそのとおりだ。

この数ヶ月間(いや、1年近くになる。)を思い起こすと、最後に決断するのは結局自分なのである。
ともにいる妻は、もちろん的確な!?助言はしてくれるのだが・・・・・。

孤独である。
知らないうちに、ストレスがたまっているのではないだろうか。

疑心暗鬼になりがちなこの業界・・・・。
これから先も、孤独なのかもしれない。

しかし、この先それなりに生きていくことにするよ。

今週の金曜日に地鎮祭

2006 - 08/06 [Sun] - 11:29

いよいよ今週11日金曜日の地鎮祭が迫った。
田んぼの草を刈ろうと思ったが、猛暑で辛い。
安物の歯は切れない。
さらに、隣の家ではテントを張って焼き肉始めているし・・・・。
入口周辺を少し刈ってみたが・・・・・・。
真夏の青空を仰いで、呆然と立ちすくむ。
やめよう!

土手に座って、ABC営業マンさんに電話をしてみる。
様子を見て、雑草が長いようであれば刈ってくれるとのこと。
一安心である。

地鎮祭は「3万円フルコース」なるものを依頼してある。
神主さんには2万円用意すればいいとのこと。
でも、3万円にすれば、お供物をすべて用意してくれるそうだ。
これは少々考えどころ・・・・・
しかし、用意すると言っても時間と費用が必要だ。
なんと言っても「時間」だろう。
お供物を探して選んで保存しておく・・・・・面倒だ。
妻は即決、「3万円フルコース」でいきましょう。
確かにそのとおり。

 | HOME | 

最新記事

過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QRコード

硝子戸の中(うち)

硝子戸の中 (新潮文庫)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書メーター

haruさんの読書メーター
haruさんの読書メーター
haruの最近読んだ本
haruの今読んでる本

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。